【ボルボ XC90 新型】北欧ならでは、手袋でも操作できるタッチスクリーン

自動車 ニューモデル 新型車

ボルボ XC90
  • ボルボ XC90
  • ボルボ XC90
  • ボルボ XC90
  • ボルボ XC90
  • ボルボ XC90
  • ボルボ XC90
  • ボルボ XC90
  • ボルボ XC90
ボルボ『XC90』のインテリアで最も目を引くのは、センターパネルにある大型のタッチスクリーンで、その操作は手袋をはめたままでも可能だという。

そう話すのはボルボ・カー・ジャパンマーケティング部プロダクトグループプロダクトスペシャリストの岡田勝也氏だ。しかし、「このタッチパネルを採用したからといって、これまでのロジック同様、音声操作とステアリングコントロールスイッチでほとんどの操作ができることは変わらない」という。

そのうえで、細かな調整や設定はタッチパネルのオペレーションで操作できるようにしたことで、ボタンを大幅に削減できた。それにより、「非常に革新的なデザインになっている」と話す。

このタッチスクリーンの操作について岡田さんは、「『240』や『740』の頃、ボルボは北欧のクルマなので手袋をしたままで操作できる大きなスイッチがあった。それを再びハイテクの最新インフォメーションディスプレイで具現化した。これは昔のボルボを知る人にとっては面白いエピソードだと思う」と語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【トヨタ プリウスPHV 新型】世界初の駆動用ソーラー充電搭載…1日最大6.1km走行分を発電

    【トヨタ プリウスPHV 新型】世界初の駆動用ソーラー充電搭載…1日最大6.1km走行分を発電

  2. 【ホンダ NSX 新型】日本車最高値の2370万円、ポルシェ 911ターボ も超えた

    【ホンダ NSX 新型】日本車最高値の2370万円、ポルシェ 911ターボ も超えた

  3. 【トヨタ プリウスPHV 新型】航続60km以上、最高速135km/hに…豊島チーフエンジニア「EVの走りをはっきりと」

    【トヨタ プリウスPHV 新型】航続60km以上、最高速135km/hに…豊島チーフエンジニア「EVの走りをはっきりと」

  4. 【ホンダ NSX 新型】展示は販売店以外で…羽田空港、表参道ヒルズはじめ、名古屋、大阪でイベント

  5. 【ホンダ NSX 新型】開発責任者クラウス氏「競合車はない。これははっきりしている」

  6. 【ホンダ NSX 新型】八郷社長「車がただの道具になってもらっては困る」

  7. 【レヴォーグ STIスポーツ】上質な内装と疲れないクルマを求めてドアポケットにまでこだわり

  8. フォルクスワーゲン CC 後継車、画像がリーク…4ドアクーペ健在

  9. ランドローバー ディスカバリースポーツ、2017年モデルの受注開始

  10. ポルシェ カイエン 次期型、“ランデブー”高地テストを激写

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら