【ジュネーブモーターショー16】アルピナから最強の 7シリーズ、「B7」新型…608馬力

自動車 ニューモデル 新型車

新型アルピナ B7 Bi-Turbo
  • 新型アルピナ B7 Bi-Turbo
  • 新型アルピナ B7 Bi-Turbo
  • 新型アルピナ B7 Bi-Turbo
  • 新型アルピナ B7 Bi-Turbo
  • 新型アルピナ B7 Bi-Turbo
  • 新型アルピナ B7 Bi-Turbo
BMWをベースにしたコンプリートカーを手がけるアルピナは2月22日、新型『B7 Bi-Turbo』の概要を明らかにした。実車は3月1日、スイスで開幕するジュネーブモーターショー16で初公開される。

同車は、BMW『7シリーズ』新型をベースに開発。新型7シリーズは2015年9月、フランクフルトモーターショー15で発表され、日本市場にも導入されたばかり。アルピナが、この新型7シリーズをトータルでチューニングした。

新開発の4.4リットルV型8気筒ガソリンエンジンは、2個のターボで過給。最大出力608ps、最大トルク81.6kgmを引き出す。アルピナによると、このスペックはアルピナ史上、最強という。

トランスミッションは、8速AT「スイッチトロニック」。0-100km/h加速4.2秒、最高速310km/hの優れたパフォーマンスを実現する。内外装は、アルピナ流儀でスポーティに演出された。

アルピナ社は1961年に創業。BMWのチューニングを行う小さな会社だったが、1964年にはその実力がBMW本社に認められ、BMW公認チューナーに。そして、1983年には、ドイツ政府から自動車メーカーとしての認証も受けた。アルピナの新車には、BMWのメーカー保証が適用される。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【レヴォーグ STI Sport】高級ホテルにも乗りつけられる、ただし踏みすぎなければ…高橋克典

    【レヴォーグ STI Sport】高級ホテルにも乗りつけられる、ただし踏みすぎなければ…高橋克典

  2. トヨタ オーリス 次期型が初露出! “キーンルック”が変わる!?

    トヨタ オーリス 次期型が初露出! “キーンルック”が変わる!?

  3. シトロエン C3 新型、公式発表…Bセグコンパクトが3世代目に

    シトロエン C3 新型、公式発表…Bセグコンパクトが3世代目に

  4. 日本発売はまだか? ホンダ シビックセダン、欧州版が走った

  5. ポルシェ パナメーラ 新型、「4S」は2.9ツインターボ440馬力

  6. トヨタ ポルテ/スペイド に特別仕様、ウォッシャブルカバーシートなど装備

  7. トヨタ ポルテ/スペイド 一部改良、セーフティセンスCを全車標準装備

  8. トヨタ パッソ どれほどカイテキ? 便利機能と安全装備[動画]

  9. スズキ スーパー キャリイ、インドから輸出開始

  10. 【グッドウッド16】レクサス RC F のGT3レーサー…ヒルクライムに

アクセスランキングをもっと見る