【ジュネーブモーターショー16】メルセデス Cクラス カブリオレ 新型、初公開

自動車 ニューモデル 新型車

メルセデスベンツ Cクラス カブリオレ 新型
  • メルセデスベンツ Cクラス カブリオレ 新型
  • メルセデスベンツ Cクラス カブリオレ 新型
  • メルセデスベンツ Cクラス カブリオレ 新型
  • メルセデスベンツ Cクラス カブリオレ 新型
  • メルセデスベンツ Cクラス カブリオレ 新型
  • メルセデスベンツ Cクラス カブリオレ 新型
  • メルセデスベンツ Cクラス カブリオレ 新型
  • メルセデスベンツ Cクラス カブリオレ 新型
ドイツの高級車、メルセデスベンツは2月29日、スイスで開催したジュネーブモーターショー16のプレビューイベントにおいて、新型『Cクラス カブリオレ』を初公開した。

新型Cクラス カブリオレは、新型『Cクラス クーペ』をベースに開発された4シーターのオープンカー。365日、季節を問わず、快適なオープン走行の実現を重視している。

ルーフは、ソフトトップ。全自動で開閉し、開閉時間は約20秒。走行中でも、50km/h以下なら開閉できる。ソフトトップの色は、ブラック。オプションで、ダークブラウン、ダークブルー、ダークレッドが選択可能。ソフトトップの構造は、新型『Sクラス カブリオレ』と共通で、優れた静粛性や耐候性を持つ。

また、新型Sクラス カブリオレと同じく、「エアキャップ」を装備。これは、フロントウインドウ上部のディフレクターで空気の流れを上方に高く跳ね上げるとともに、後席上部中央にドラフトストップを設置することで、後方からキャビンへの風の巻き込みを低減する。

欧州向けのパワートレインは、ガソリンとディーゼル。ガソリンの基本ユニットは、排気量1991ccの直列4気筒ターボ。チューニングを変えて、「C180」(最大出力156hp)、「C200」(最大出力184hp)、「C250」(最大出力211hp)、「C300」(最大出力245hp)の4グレードに搭載している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【レヴォーグ STIスポーツ】発売1か月で3000台超え、購入者の6割は40~50代

    【レヴォーグ STIスポーツ】発売1か月で3000台超え、購入者の6割は40~50代

  2. 【スバル レヴォーグ STIスポーツ】ボルドー内装で上質さをアピール

    【スバル レヴォーグ STIスポーツ】ボルドー内装で上質さをアピール

  3. 【ペブルビーチ 16】KEN OKUYAMAの「kode57」…V12は620馬力

    【ペブルビーチ 16】KEN OKUYAMAの「kode57」…V12は620馬力

  4. 【ペブルビーチ 16】キャデラック エスカーラ、高級車の内装の新基準を提示

  5. ボルボ XC90、豪華リアシートの“ショーファーモデル”を発表…1299万円

  6. アウディ TT、469万円のエントリーグレードを追加…限定モデル2種も同時発売

  7. 【ペブルビーチ 16】ランボルギーニ センテナリオ にロードスター…クーペと違う内外装

  8. 【日産 セレナ 新型】プロパイロット採用、ミニバンクラス世界初の同一車線自動運転技術

  9. 史上最強の 911、市販に向け準備着々…再びニュルに

  10. マツダ ロードスター「RF」、米国発売記念車…1000台限定

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら