【ジュネーブモーターショー16】ヒュンダイの プリウス ハンター、アイオニック …EVも登場

自動車 ニューモデル 新型車

ヒュンダイ アイオニック エレクトリック
  • ヒュンダイ アイオニック エレクトリック
韓国ヒュンダイモーター(現代自動車。以下、ヒュンダイ)は2月24日、『アイオニック エレクトリック』の概要を明らかにした。実車は3月1日、スイスで開幕するジュネーブモーターショー16で初公開される。

『アイオニック』(IONIQ)は、ヒュンダイの新型環境対応車。1月中旬、韓国でまずハイブリッド車が発表された。アイオニックには、3種類の電動パワートレインを設定。通常のハイブリッドに続いて、ジュネーブモーターショー16では、プラグインハイブリッド(PHV)とEVがデビューを果たす。

アイオニックのEVは、アイオニック エレクトリックを名乗る。EVパワートレインのモーターは、最大出力120ps、最大トルク30.1kgm。最高速は165km/hに抑えられる。

二次電池は、蓄電容量28kWhのリチウムイオンポリマーバッテリー。1回の充電で、最大250km以上を走行できる性能を目標に掲げる。

ヒュンダイは、「同一ボディで3種類の電動パワートレインが選択できるのは、アイオニックが世界初」と、自信を示している
《森脇稔》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品