【ジュネーブモーターショー16】ヒュンダイの プリウス ハンター、アイオニック …EVも登場

自動車 ニューモデル 新型車

ヒュンダイ アイオニック エレクトリック
  • ヒュンダイ アイオニック エレクトリック
韓国ヒュンダイモーター(現代自動車。以下、ヒュンダイ)は2月24日、『アイオニック エレクトリック』の概要を明らかにした。実車は3月1日、スイスで開幕するジュネーブモーターショー16で初公開される。

『アイオニック』(IONIQ)は、ヒュンダイの新型環境対応車。1月中旬、韓国でまずハイブリッド車が発表された。アイオニックには、3種類の電動パワートレインを設定。通常のハイブリッドに続いて、ジュネーブモーターショー16では、プラグインハイブリッド(PHV)とEVがデビューを果たす。

アイオニックのEVは、アイオニック エレクトリックを名乗る。EVパワートレインのモーターは、最大出力120ps、最大トルク30.1kgm。最高速は165km/hに抑えられる。

二次電池は、蓄電容量28kWhのリチウムイオンポリマーバッテリー。1回の充電で、最大250km以上を走行できる性能を目標に掲げる。

ヒュンダイは、「同一ボディで3種類の電動パワートレインが選択できるのは、アイオニックが世界初」と、自信を示している
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 日産の欧州向け新型商用車、NV300 …表情見えた

    日産の欧州向け新型商用車、NV300 …表情見えた

  2. メルセデス Sクラス、改良新型のインパネはこれだ!

    メルセデス Sクラス、改良新型のインパネはこれだ!

  3. スズキ セレリオ、最低のゼロ評価…グローバルNCAP

    スズキ セレリオ、最低のゼロ評価…グローバルNCAP

  4. 「シルビア」後継モデル発売なるか!? ベンツ製エンジン搭載の噂

  5. 【グッドウッド16】マツダ ロードスター、ハードトップの「RF」欧州初公開へ

  6. アウディ A7 スポーツバック、欧州で2017年型…装備が充実

  7. BMW 2シリーズ 高性能モデル、340馬力の「M240i」に進化

  8. なぜカストロールエッジはアウディ R8 新型に純正採用されたのか?

  9. マツダ RX-7、次世代ロータリーエンジン搭載で2017年に復活か!?

  10. 日産×メルセデス、新型ピックアップトラック「Xクラス」が走った!

アクセスランキングをもっと見る