【ジュネーブモーターショー16】オペルの小型SUV、モッカ …「X」に進化

自動車 ニューモデル 新型車

オペル モッカX
  • オペル モッカX
  • オペル モッカX
  • オペル モッカX
  • オペル モッカX
米国の自動車最大手、GMの欧州部門のオペルは2月上旬、『モッカX』の概要を明らかにした。実車は3月1日、スイスで開幕するジュネーブモーターショー16で初公開される。

『モッカ』は2012年3月、ジュネーブモーターショー12で発表。GMが2012年1月、デトロイトモーターショー12で発表した小型クロスオーバー車、ビュイック『アンコール』をベースに開発された。

モッカには、アンコールとは異なる専用フロントマスクを採用。全長は4280mm。発売以来、欧州サブコンパクトSUV市場では、累計50万台を受注するヒット作となっている。

このモッカがデビューから4年を経て、初の大幅改良を実施。ジュネーブモーターショー16において、車名をモッカXに改め、ワールドプレミアを果たす。

外観はフロントマスクを中心に変更。グリルは新デザインになり、LEDデイタイムランニングライトを採用。ヘッドライトやテールランプは、オプションでLEDが用意される。室内は、ダッシュボードを全面変更し、新型『アストラ』と共通イメージに。

エンジンには、新世代の直噴1.4リットル直列4気筒ガソリンターボを設定。最大出力は152hp。このエンジンは、6速ATと4WDが選択できる。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【パリモーターショー16】シトロエン Cエクスペリエンス 発表へ…最上級車?

    【パリモーターショー16】シトロエン Cエクスペリエンス 発表へ…最上級車?

  2. 【レヴォーグ STIスポーツ】ユーザーに寄り添える内装色

    【レヴォーグ STIスポーツ】ユーザーに寄り添える内装色

  3. 【トヨタ プリウスPHV 新型】EV走行60kmで犠牲になったもの

    【トヨタ プリウスPHV 新型】EV走行60kmで犠牲になったもの

  4. セダンのトランクに積める折りたたみ自転車、あさひが発売

  5. 【パリモーターショー16】ホンダ シビック タイプR 次期型、予告コンセプトお披露目か

  6. 【トヨタ プリウスPHV 新型】現行プリウスベースのPHV、EVモード航続距離は60kmに[写真蔵]

  7. クラウン&ランクル、トヨタ店創立70周年記念特別仕様車を発売

  8. クラウン アスリート J-フロンティア に東レのウルトラスエードが採用

  9. 【ホンダ NSX 新型】日本車最高値の2370万円、ポルシェ 911ターボ も超えた

  10. 【パリモーターショー16】オペル アンペラe 市販版を公開へ

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら