3万7000人と走ったBMWたち…東京マラソン2016[写真蔵]

エコカー EV

東京マラソン2016のランナーたちとともに走ったBMWのクルマたち
  • 東京マラソン2016のランナーたちとともに走ったBMWのクルマたち
  • 東京マラソン2016のランナーたちとともに走ったBMWのクルマたち
  • 東京マラソン2016のランナーたちとともに走ったBMWのクルマたち
  • 東京マラソン2016のランナーたちとともに走ったBMWのクルマたち
  • 東京マラソン2016のランナーたちとともに走ったBMWのクルマたち
  • 東京マラソン2016のランナーたちとともに走ったBMWのクルマたち
  • 東京マラソン2016のランナーたちとともに走ったBMWのクルマたち
  • 東京マラソン2016のランナーたちとともに走ったBMWのクルマたち
3万7000人が新宿・銀座・浅草と駆け抜けた東京マラソン2016。そのランナーたちといっしょに駆けた先導車や計時車、中継車といったクルマはことしもBMWが担った。同社広報によれば「本年は東京マラソンへ25台の車両を提供した」という(写真24枚)。

ことしの先導車は、「ゼロ・エミッション走行により、環境にも、ランナーにも優しいクルマ」として、3シリーズのプラグインハイブリッドモデル『330e』が選ばれた。同社は、2014年大会に発売前の『i8』を、2015年に『218iアクティブツアラー』を先導車に充当。ことしはi8の姿はなかったが、「PHEVモデルの中でも最先端の技術が結集された、先導車に相応しいクルマ」として、330eが選ばれたと伝えている。

マラソンのゴール地点である東京ビッグサイトには、レース誘導を終えた先導『218i』、全線観察『340iツーリングMスポーツ』、計時車『118i』『225xeアクティブツアラー』、計測支援車・大会運営車『i3』、審判長『740i』『225xeアクティブツアラー』、技術総務車『320d』などが終結。フルマラソンを2時間台で走破するランナーたちがフィニッシュラインを切るころには、計時車のルーフからデジタル時計が外されていた。

ハイブリッド・モデル攻勢を続けるBMWグループは、2016年中に同社旗艦モデル『7シリーズ』にプラグインハイブリッドモデルを追加するという。
《大野雅人》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

エコカー アクセスランキング

  1. テスラ、商用車に進出…2017年にEVトラックとバスを発表へ

    テスラ、商用車に進出…2017年にEVトラックとバスを発表へ

  2. 日本最高度「乗鞍スカイライン」をEVで走る…ジャパンEVラリー

    日本最高度「乗鞍スカイライン」をEVで走る…ジャパンEVラリー

  3. 【パリモーターショー 16】メルセデス、新型EVコンセプト初公開へ…航続500km

    【パリモーターショー 16】メルセデス、新型EVコンセプト初公開へ…航続500km

  4. 【カーテンエアバッグ効果実証】エアバッグなしは「頭が飛ぶ」

  5. 燃料電池スタック全体のシミュレーション、みずほ情報総研が実現…世界初

  6. 【ボルボ D4 e燃費チャレンジ】高速巡航から山岳路まで250km走破、最高燃費は20.8km/リットル

  7. 輸入車×ディーゼルの実燃費ランキング、ボルボ V40 D4がトップ…e燃費調べ

  8. テスラEV販売、25%増の1.4万台…2016年第2四半期

  9. トヨタの欧州ハイブリッド車販売、38%増の7.2万台…1-3月

  10. 日産 新型セレナ搭載の「マイクロハイブリッド」とは?

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら