3万7000人と走ったBMWたち…東京マラソン2016[写真蔵]

エコカー EV

東京マラソン2016のランナーたちとともに走ったBMWのクルマたち
  • 東京マラソン2016のランナーたちとともに走ったBMWのクルマたち
  • 東京マラソン2016のランナーたちとともに走ったBMWのクルマたち
  • 東京マラソン2016のランナーたちとともに走ったBMWのクルマたち
  • 東京マラソン2016のランナーたちとともに走ったBMWのクルマたち
  • 東京マラソン2016のランナーたちとともに走ったBMWのクルマたち
  • 東京マラソン2016のランナーたちとともに走ったBMWのクルマたち
  • 東京マラソン2016のランナーたちとともに走ったBMWのクルマたち
  • 東京マラソン2016のランナーたちとともに走ったBMWのクルマたち
3万7000人が新宿・銀座・浅草と駆け抜けた東京マラソン2016。そのランナーたちといっしょに駆けた先導車や計時車、中継車といったクルマはことしもBMWが担った。同社広報によれば「本年は東京マラソンへ25台の車両を提供した」という(写真24枚)。

ことしの先導車は、「ゼロ・エミッション走行により、環境にも、ランナーにも優しいクルマ」として、3シリーズのプラグインハイブリッドモデル『330e』が選ばれた。同社は、2014年大会に発売前の『i8』を、2015年に『218iアクティブツアラー』を先導車に充当。ことしはi8の姿はなかったが、「PHEVモデルの中でも最先端の技術が結集された、先導車に相応しいクルマ」として、330eが選ばれたと伝えている。

マラソンのゴール地点である東京ビッグサイトには、レース誘導を終えた先導『218i』、全線観察『340iツーリングMスポーツ』、計時車『118i』『225xeアクティブツアラー』、計測支援車・大会運営車『i3』、審判長『740i』『225xeアクティブツアラー』、技術総務車『320d』などが終結。フルマラソンを2時間台で走破するランナーたちがフィニッシュラインを切るころには、計時車のルーフからデジタル時計が外されていた。

ハイブリッド・モデル攻勢を続けるBMWグループは、2016年中に同社旗艦モデル『7シリーズ』にプラグインハイブリッドモデルを追加するという。
《大野雅人》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

エコカー アクセスランキング

  1. 【リコール】マツダ RX-7、走行中にボンネットが!

    【リコール】マツダ RX-7、走行中にボンネットが!

  2. 【スマートエネルギーWeek 2013】ニッセイ、ターレー用燃料電池ユニットを参考出品

    【スマートエネルギーWeek 2013】ニッセイ、ターレー用燃料電池ユニットを参考出品

  3. 【ボルボ D4 e燃費チャレンジ】高速巡航から山岳路まで250km走破、最高燃費は20.8km/リットル

    【ボルボ D4 e燃費チャレンジ】高速巡航から山岳路まで250km走破、最高燃費は20.8km/リットル

  4. 三菱リコール問題を一気読み

  5. 【パイクスピーク16】テスラ モデルS、高性能版が参戦へ…ツインモーターは532馬力

  6. 【カーテンエアバッグ効果実証】効果は正にケタ違い

  7. 日本のEV米国販売、実質的に日産 リーフ 1車のみ…5月

  8. 実燃費ランキング、トップは23.3km/Lの グレイス…e燃費調べ

  9. 【グッドウッド16】テスラ モデルX、英国初公開へ…高性能仕様を展示

  10. 【土井正己のMove the World】テスラ イーロン・マスク氏、燃料電池批判はなぜ

アクセスランキングをもっと見る