【ジュネーブモーターショー16】「プリウスハンター」ヒュンダイ アイオニック、PHVを発表

自動車 ニューモデル 新型車

ヒュンダイ アイオニック プラグイン
  • ヒュンダイ アイオニック プラグイン
  • ヒュンダイ アイオニック
  • ヒュンダイ アイオニック
韓国ヒュンダイモーター(現代自動車。以下、ヒュンダイ)は2月24日、『アイオニック プラグイン』の概要を明らかにした。実車は3月1日、スイスで開幕するジュネーブモーターショー16で初公開される。

『アイオニック』(IONIQ)は、ヒュンダイが開発を進めてきた新型環境対応車。1月中旬、韓国でまずハイブリッド車が発表された。アイオニックには、3種類の電動パワートレインを設定。通常のハイブリッドだけでなく、プラグインハイブリッド(PHV)、EVも用意される。

ジュネーブモーターショー16では、アイオニックのPHVが、アイオニック プラグインの車名でデビューする予定。PHVパワートレインのエンジンは、ハイブリッド版と同じく、新開発の直噴ガソリン「GDI」。ヒュンダイの「カッパ」シリーズの最新作で、排気量は1.6リットルの直列4気筒ガソリン直噴エンジン。最大出力105ps/5700rpm、最大トルク15kgm/4000rpmを引き出す。

モーターは、最大出力ハイブリッドの44psから、PHVでは61psに強化。二次電池のリチウムイオンポリマーバッテリーも、蓄電容量を1.56kWhから8.9kWhに大容量化した。

アイオニック プラグインは、EVモードで最大50km走行可能。ヒュンダイは、欧州市場で重視されるCO2排出量について、「32g/kmが目標」と説明している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. フォード GT 新型は価格も“スーパー”…アヴェンタドール 超え40万ドル台半ばに

    フォード GT 新型は価格も“スーパー”…アヴェンタドール 超え40万ドル台半ばに

  2. ついに来た「ベイビーパナメーラ」! ポルシェ パジュン の姿

    ついに来た「ベイビーパナメーラ」! ポルシェ パジュン の姿

  3. フォーカス 史上最強のモンスター「RS500」、ニュルを駆ける

    フォーカス 史上最強のモンスター「RS500」、ニュルを駆ける

  4. ホンダ、新型フリード をホームページで先行公開

  5. GM、「ZR1」を再び商標登録…コルベット に最強版か

  6. ダッジ バイパー 生産終了へ…米国の代表的スポーツカー、25年の歴史に幕

  7. 【シボレー キャプティバ】多目的に使え、空間効率が高いのが優位

  8. スズキ スイフト 次期型か!? 試作車をキャッチ

  9. 日本発売も? ルノー メガーヌ 新型に初のセダン投入

  10. メルセデス Eクラス ワゴン 新型、3種類の個性[動画]

アクセスランキングをもっと見る