ランドローバーとBAR、最速ヨット開発で協力…アメリカズカップ参戦

船舶 企業動向

ランドローバーBARが開発している最速ヨット
  • ランドローバーBARが開発している最速ヨット
  • ランドローバーBARが開発している最速ヨット
  • ランドローバーBARが開発している最速ヨット
ランドローバーは、ベン・エインズリー・レーシング(BAR)と、2017年に開催される世界最高峰ヨットレース「第35回アメリカズカップ」に参戦するヨットを開発する。

ランドローバーBARとして開発する最速ヨットの技術情報を公開した。アメリカズカップ参戦チームが技術情報を公開することは異例。

「R1」というコードネームがついたアメリカズカップ仕様のヨット(双胴船)には、ランドローバーの設計、技術、革新的な専門知識を反映。ヨットの重量は2トンを超えるが、船体を水中翼に働く翼揚力を利用し、水中から浮かび上がらせ、抵抗を抑制して速度と効率を向上させるフォイリングと呼ばれる技術により、速度は50ノット超を達成する。

ランドローバーのアドバンスド・エンジニアリング・チームは、ランドローバーBARのデザイナーやエンジニアたちと協力して、テスト用にプロトタイプを複数開発している。この開発プロセスを通じて、世界最速のアメリカズカップ仕様ヨットが完成する。

エアロダイナミクス、機械学習、高度データ処理の分野は、ジャガー・ランドローバーから有能なエンジニアを選抜して開発している。

ランドローバーは、最初の注力分野としてボーイング製航空機737型機の翼のサイズに匹敵する78.6フィートのカーボン・ファイバー製の硬い帆を開発した。この帆が、ヨットの唯一の推進力源となる。ランドローバーの製品開発の要となる数値流体力学(CFD)と有限要素解析(FEA)を組み合わせ、複雑なエアロダイナミクスを解析し、ヨットの速度向上を実現した。

ランドローバーは、大容量データ処理能力に関する高い技術や機械学習分野における経験と専門知識を生かし、セーリング・データの傾向を把握することでヨットのパフォーマンス最適化にも貢献している。

ヒューマン・マシン・インターフェース(HMI)分野でもランドローバーの専門知識が役立っており、ヨット向けに最適化したディスプレイや計器を開発し、使用可能なパワーを把握し有効活用できるようにしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

船舶 アクセスランキング

  1. 「海洋都市横浜・海博2016」を開催、船内見学会やステージプログラム…7月22・23日

    「海洋都市横浜・海博2016」を開催、船内見学会やステージプログラム…7月22・23日

  2. 【海の日】6400台積載可、自動車運搬船「アクアマリンエース」を見学できる

    【海の日】6400台積載可、自動車運搬船「アクアマリンエース」を見学できる

  3. 【海の日】海の駅で体験クルーズなどマリンイベント

    【海の日】海の駅で体験クルーズなどマリンイベント

  4. 最新鋭客船「クァンタム・オブ・ザ・シーズ」の日本発着クルーズを発表

  5. 世界遺産が期待する1時間30分、新造船「おがさわら丸」「ははじま丸」の就航

  6. 【夏休み】水上バスで東京港親子見学会

  7. 【ヨコスカフレンドシップデー14】米海軍イージス艦「フィッツジェラルド」を一般開放

  8. IHI、世界初の舶用補機専用ターボチャージャーを開発…2017年初頭に発売

  9. アメリカ海軍、横須賀に配備されたばかりの空母ロナルド・レーガンを公開[写真蔵]

  10. 商船三井、次世代型自動車船のデザインを公表…2017年デビュー

アクセスランキングをもっと見る