【アウディ A4 新型】新アーキテクチャ「MLB Evo」採用の基幹車種

自動車 ニューモデル 新型車

アウディ A4(撮影地:ブリストルヒルゴルフクラブ)
  • アウディ A4(撮影地:ブリストルヒルゴルフクラブ)
  • アウディ A4(撮影地:ブリストルヒルゴルフクラブ)
  • アウディ A4(撮影地:ブリストルヒルゴルフクラブ)
  • アウディ A4(撮影地:ブリストルヒルゴルフクラブ)
  • アウディ A4(撮影地:ブリストルヒルゴルフクラブ)
  • アウディ A4(撮影地:ブリストルヒルゴルフクラブ)
  • アウディ A4(撮影地:ブリストルヒルゴルフクラブ)
  • アウディ A4(撮影地:ブリストルヒルゴルフクラブ)
アウディジャパンは、プレミアムミッドサイズセダンのアウディ『A4』をフルモデルチェンジし販売を開始した。その歴史は1972年までさかのぼり、累計1200万台以上販売された基幹車種である。

1972年、A4の始祖となるアウディ『80』がデビューした。「アウディがフォルクスワーゲングループに入ってから初めて本格的に開発されたクルマだ」と説明するのはアウディジャパン広報部部長の丸田靖生氏だ。そこからの累計では1200万台以上。今回が9世代目となる。

また、様々なバリエーションが多いのもこのシリーズの特徴で、アバントやオールロードなどが追加され、「S4」や「RS4」などの高性能バージョンもあるなどワイドバリエーションである。さらに、丸田氏によると「このような基幹車種なので、“常に技術による先進”というアウディのブランドのスローガンを体現してきたクルマだ」とし、2代目80ではクワトロが追加され、3代目ではCd値0.29という空力ボディを実現した。なお今回の新モデルにも早速デトロイトショー2016でオールロードが追加され、年内にも日本に導入予定だという。

8年ぶりのモデルチェンジとなるA4は、「MLB Evo(モジュラーロンギチューディナルマトリックスエボ)という縦置きパワートレイン搭載モデルを対象としたアーキテクチャを採用しており、これは、『A5』、『Q7』、『Q5』など、BからDセグメントと大型のQモデルがこのアーキテクチャの対象になる」と述べる。

その特徴は、「異なった素材、例えばアルミやカーボン、スチールを混在させてボディを作る技術や、電動パワートレインにも対応出来ることで、プラグインハイブリッドやバッテリーカーもこのプラットホームをベースに開発されている」と語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. フォード GT 新型は価格も“スーパー”…アヴェンタドール 超え40万ドル台半ばに

    フォード GT 新型は価格も“スーパー”…アヴェンタドール 超え40万ドル台半ばに

  2. ついに来た「ベイビーパナメーラ」! ポルシェ パジュン の姿

    ついに来た「ベイビーパナメーラ」! ポルシェ パジュン の姿

  3. 【グッドウッド16】フェラーリ、458 MM スペチアーレ 初公開…世界に1台

    【グッドウッド16】フェラーリ、458 MM スペチアーレ 初公開…世界に1台

  4. フォーカス 史上最強のモンスター「RS500」、ニュルを駆ける

  5. 日本発売も? ルノー メガーヌ 新型に初のセダン投入

  6. GM、「ZR1」を再び商標登録…コルベット に最強版か

  7. ホンダ、新型フリード をホームページで先行公開

  8. 【シボレー キャプティバ】多目的に使え、空間効率が高いのが優位

  9. ダッジ バイパー 生産終了へ…米国の代表的スポーツカー、25年の歴史に幕

  10. ポルシェ初のワゴン「シューティングブレーク」高速テストを見た[動画]

アクセスランキングをもっと見る