【ボルボ XC90 新型】新世代ボルボの第一弾、“クルマに乗る人が主役”の象徴に

自動車 ニューモデル 新型車

ボルボ XC90
  • ボルボ XC90
  • ボルボ XC90
  • ボルボ XC90
  • ボルボ XC90
  • ボルボ XC90
  • ボルボ XC90
  • ボルボ XC90
  • ボルボ・カー・ジャパン代表取締役社長木村隆之氏
ボルボ・カー・ジャパンは、次世代ボルボの第一弾となる新世代7人乗りフラッグシップSUV『XC90』の販売を開始した。

このXC90の導入について、同社マーケティング部プロダクトグループプロダクトスペシャリストの岡田勝也氏は、「単に新型車の導入にとどまらず、ボルボのブランドを塗り替えるぐらいの勢いで導入した」とその意気込みを語る。

また、セダンの“S”、ステーションワゴン・ハッチバックの“V”、クロスカントリーの“XC”というボディタイプの名称に加え、クルマのサイズとしてコンパクトの40シリーズから、60シリーズ。そしてこれまでの70、80シリーズに変えて、今後ラージ系は「90シリーズとなり、その第一弾がXC90だ」と述べる。因みに本国では『S90』と『V90』が登場している。

ボルボ・カー・ジャパン代表取締役社長木村隆之氏はこのXC90について、「安全性、環境性能、つながるクルマ(Apple CarPlayなど)、そして心地よいデザインという四つの要素を全て実現した、まさに次世代ボルボのトップオブザラインとして生まれ変わった」と話す。

そして、「私はこれからのクルマにとって最も大切な要素は、ライフスタイルを変えるクルマになると考えている」という。具体的には、ライフステージやサイズ、価格といったことが選択の基準になるのではなく、「クルマが人にどこまでより添えるのか、どのようにオーナーやファミリーのライフスタイルを輝かせることができるのか。つまり、クルマが主役なのではなく、クルマに乗る人が主役なのだ」と説明。「全てのボルボがそのような価値を備えているが、トップオブザラインであるXC90はその象徴といえる」とコメントした。

また木村氏は、「新型XC90はボルボのトップオブザラインとして新たな歴史の1ページを開く。そして、2019年までに全ラインナップを一新する。日本ではない、ドイツでもない、スウェーデン発の人を中心とする最も先進的なプレミアムブランドとして必ずや成功を収めると確信している」と今後の展開に自信を見せた。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. メルセデス CLA 改良新型…フロントマスク刷新、379万円より

    メルセデス CLA 改良新型…フロントマスク刷新、379万円より

  2. 【日産 セレナ 新型】星野専務「セレナの魅力はプロパイロットだけではない」

    【日産 セレナ 新型】星野専務「セレナの魅力はプロパイロットだけではない」

  3. テスラ、航続距離613kmの モデルS P100D を発売…1480万円より

    テスラ、航続距離613kmの モデルS P100D を発売…1480万円より

  4. 【インタビュー】マツダ アクセラ 柏木主査「Gベクタリングコントロールはあくまで要素のひとつ」

  5. 【レヴォーグ STIスポーツ】発売1か月で3000台超え、購入者の6割は40~50代

  6. 【日産 セレナ 新型】事前予約の7割がプロパイロットを装備

  7. 【レヴォーグ STIスポーツ】ボルドー内装で上質さをアピール

  8. 【日産 セレナ 新型】プロパイロット採用、ミニバンクラス世界初の同一車線自動運転技術

  9. マツダ ロードスター「RF」、米国発売記念車…1000台限定

  10. 【ペブルビーチ 16】KEN OKUYAMAの「kode57」…V12は620馬力

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら