人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

ブリヂストンの環境報告書、地球温暖化対策報告優秀賞を受賞

自動車 ビジネス 企業動向

ブリヂストンは、「ブリヂストングループ環境報告書2015」が「第19回環境コミュニケーション大賞」の環境報告書部門で「地球温暖化対策報告優秀賞(地球・人間環境フォーラム理事長賞)」を受賞したと発表した。

環境省と地球・人間環境フォーラムは、事業者等の環境コミュニケーションへの取組促進や情報の質的向上を目的に、すぐれた環境報告書等を表彰する制度として「環境コミュニケーション大賞」を毎年実施している。

同賞は「環境報告書部門」と「環境活動レポート部門」の2部門で構成されており、「環境報告書部門」は2014年11月から2015年10月までに発行された環境報告書等を評価するもの。今回ブリヂストングループ環境報告書は、具体的な数値目標を示した温室効果ガス削減などへの取り組みを社会に広く伝える優れた報告書として、「地球温暖化対策報告優秀賞(地球・人間環境フォーラム理事長賞)」を受賞した。

ブリヂストンは、2000年に初めて環境報告書を発行して、環境活動に関する情報開示を継続的に行ってきた。同社では今回の受賞を、積極的な環境情報開示姿勢が評価されたものと捉え、今後も環境への取り組みを進めていくとともに、その取り組みを積極的に紹介していく。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. オートエクゼ、アテンザ用ストリートスポーツ チューニングキットを発売

    オートエクゼ、アテンザ用ストリートスポーツ チューニングキットを発売

  2. クルマを置かないVRショール―ム…代官山蔦屋書店のメルセデス・ベンツ日本に行ってきた

    クルマを置かないVRショール―ム…代官山蔦屋書店のメルセデス・ベンツ日本に行ってきた

  3. 米EVテスラ、小型SUVとピックアップトラック市場に参入へ

    米EVテスラ、小型SUVとピックアップトラック市場に参入へ

  4. クルマを置かないVRショール―ム…タッチポイントが増える

  5. 【池原照雄の単眼複眼】出発点は「謙虚」…マツダの新しい走り「G-ベクタリング」

  6. 【リコール】スズキ イグニス、走行中にドアが開くおそれ

  7. アウディ ジャパン、サブブランド「Audi Sport」導入を発表…Audi Sport Storeも展開

  8. マツダ CX-4、中国受注が1万台突破…発売1か月

  9. 車内温度を素早く下げるには「エアコン+窓全開走行」がおすすめ…JAF検証

  10. オートエクゼ、ラムエアインテークにディーゼルエンジン搭載車用を追加設定

アクセスランキングをもっと見る