ライドシェア「極めて慎重に検討」 石井国交相

自動車 社会 行政

石井啓一国土交通相は2月26日の閣議後会見で、新経済連盟が提案しているライドシェアについて「極めて慎重に検討していかなければならない」と述べた。

自家用車の活用拡大については、昨年10月の国家戦略特区諮問会議で安倍首相が、過疎地等での観光客の交通手段として自家用車の活用を拡大すると発言。これを受けて内閣府が、国家戦略特区法を改正して自家用車を用いた運送サービスに関する特例措置を盛り込むことを検討中で、3月上旬に法案を国会に提出する予定となっている。

この法案について石井国交相は「現在地域住民を対象としている自家用有償旅客運送制度について、観光客を対象に活用することを可能とすることを検討している」と述べ、既存の有償運送制度の拡大で対応する考えを示した。

そのうえで、新経済連盟が提唱するライドシェアについては「仲介業者が運行管理や安全管理に全く関わらないもので、安全確保、利用者保護の点から課題が多い」と述べ、慎重な姿勢を示した。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 社会 アクセスランキング

  1. 経年車の税軽減へ…自動車文化を考える議員連盟、発足

    経年車の税軽減へ…自動車文化を考える議員連盟、発足

  2. LINEのやり取りに夢中で信号無視、ひき逃げ容疑で男を逮捕

    LINEのやり取りに夢中で信号無視、ひき逃げ容疑で男を逮捕

  3. ランボルギーニ アヴェンタドール が大炎上…原因はエンジン空吹かしか[動画]

    ランボルギーニ アヴェンタドール が大炎上…原因はエンジン空吹かしか[動画]

  4. 日産 フェアレディZ NISMO パトカー、警視庁に配備完了

  5. 国交省、タカタ製エアバッグの追加リコールを指示…約700万台

  6. 九州の高速道路、無料化を検討...国交省

  7. 熊本地震、今後の備えは「三段構え」で...気象庁

  8. 日系企業、車両周辺の状況を検知する特許技術で海外を圧倒…特許庁

  9. 崩壊した阿蘇大橋の迂回路が開通…大津町役場=南阿蘇村役場間が20分短縮

  10. 地震活動1000回以上、年間発生回数を半月で...熊本地震

アクセスランキングをもっと見る