【スマートエネルギーウィーク16】FC EXPO、水素社会に向けたホンダの取組を紹介

自動車 ビジネス 国内マーケット

ホンダ ブースイメージ
  • ホンダ ブースイメージ
  • ホンダ クラリティ フューエル セル
  • 外部給電器 パワー エクスポーター9000
ホンダは、3月2日から4日まで東京ビッグサイトで開催される「FC EXPO 2016」に、高圧水電解システムを採用した「スマート水素ステーション(SHS)」をはじめとした、エネルギーを「つくる」「つかう」、そして「つながる」社会を実現する技術を出展する。

今回ホンダは、ソーラーなどの再生可能エネルギーなどを活用した電力から、低炭素な高圧水素ガスの製造・供給を可能としたSHSおよびそのキーテクノロジーである高圧水電解システム「パワー クリエイター」を出展・さらに、ホンダの描く水素社会を説明するジオラマによって、来たる水素社会に向けた同社の取り組みコンセプト「つくる・つかう・つながる」の連携によって生まれる新たな価値と、それを支える技術を紹介する。

また「水素供給・利用技術研究組合」のブースでは、燃料電池自動車(FCV)と水素ステーションに対する理解促進を目的に、新型FCV『クラリティ フューエル セル』市販予定車と、同じく市販予定の外部給電器「パワー エクスポーター 9000」を出展する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. トミカ、初の充電式自動走行モデルを発売

    トミカ、初の充電式自動走行モデルを発売

  2. 三菱自 池谷副社長、「7月の軽自動車受注は前年の2倍近くに」

    三菱自 池谷副社長、「7月の軽自動車受注は前年の2倍近くに」

  3. 【メルセデスベンツ Eクラス 新型】Amazonと協力してレンタルキャンペーン

    【メルセデスベンツ Eクラス 新型】Amazonと協力してレンタルキャンペーン

  4. 日産 星野専務「7月の国内受注は非常に好調だった」

  5. データシステム、車種別サイドカメラキットに新型プリウス用を追加

  6. スズキ、インドの小型商用車セグメントに初参入…スーパーキャリイ を発売

  7. ポルシェ、EVスポーツの開発と生産準備…1400名以上を雇用

  8. 米マツダ、Bシリーズ をリコール…タカタ製エアバッグに不具合

  9. 三菱 アウトランダー 旧型、米国でリコール…融雪剤の影響で腐食

  10. 【リコール】日野プロフィア など1万7000台、走行不能になるおそれ

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら