【スマートエネルギーウィーク16】FC EXPO、水素社会に向けたホンダの取組を紹介

自動車 ビジネス 国内マーケット

ホンダ ブースイメージ
  • ホンダ ブースイメージ
  • ホンダ クラリティ フューエル セル
  • 外部給電器 パワー エクスポーター9000
ホンダは、3月2日から4日まで東京ビッグサイトで開催される「FC EXPO 2016」に、高圧水電解システムを採用した「スマート水素ステーション(SHS)」をはじめとした、エネルギーを「つくる」「つかう」、そして「つながる」社会を実現する技術を出展する。

今回ホンダは、ソーラーなどの再生可能エネルギーなどを活用した電力から、低炭素な高圧水素ガスの製造・供給を可能としたSHSおよびそのキーテクノロジーである高圧水電解システム「パワー クリエイター」を出展・さらに、ホンダの描く水素社会を説明するジオラマによって、来たる水素社会に向けた同社の取り組みコンセプト「つくる・つかう・つながる」の連携によって生まれる新たな価値と、それを支える技術を紹介する。

また「水素供給・利用技術研究組合」のブースでは、燃料電池自動車(FCV)と水素ステーションに対する理解促進を目的に、新型FCV『クラリティ フューエル セル』市販予定車と、同じく市販予定の外部給電器「パワー エクスポーター 9000」を出展する。
《纐纈敏也@DAYS》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品