スバル富士重、マレーシアで フォレスター をノックダウン生産…年間1万台

自動車 ビジネス 海外マーケット

スバル フォレスター ラインオフ式
  • スバル フォレスター ラインオフ式
  • スバル フォレスター
  • スバル フォレスター ラインオフ式
  • スバル フォレスター ラインオフ式
  • スバル フォレスター ラインオフ式
富士重工業とタンチョン・グループ傘下のTC Subaru Sdn.Bhd (TCS)は2月26日、マレーシア工場で『フォレスター』のノックダウン生産(現地組立生産、以下KD)を開始したと発表した。

同工場におけるスバル車のKD生産は、2012年12月に生産を開始した『XV』に続き、フォレスターが2車種目。TCSはフォレスターのKD生産を年間1万台規模で行うことを計画しており、KD生産車はタンチョン・グループのスバル販売網を通じて、2016年春よりマレーシア国内、タイ、インドネシアで販売を予定している。

富士重工業では、今回のKD生産の追加により、成長著しいアセアン地域での拡販を目指していく。
《纐纈敏也@DAYS》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品