米国自動車耐久品質調査、 レクサス が5年連続でトップ…JDパワー調査

自動車 ビジネス 海外マーケット

レクサス ES の2016年モデル
  • レクサス ES の2016年モデル
  • J.D. パワー2016年米国自動車耐久品質調査(VDS)
  • J.D. パワー2016年米国自動車耐久品質調査(VDS)
J.D.パワーが発表した2016年米国自動車耐久品質調査で、ブランド別ではレクサスが5年連続で1位となった。

2016年米国自動車耐久品質調査は、2013年型車を購入してから3年が経過したユーザー3万3560人から回答を得た。調査は、2015年10月から12月にかけて実施した。今年で27回目となる調査は、2013年型車を購入したユーザーを対象に177の項目にわたって直近1年間の不具合経験を聞いた。自動車の耐久品質は、100台当たりの不具合指摘件数(PP100)として算出、数値が小さいほど品質が高いことを示す。

トップとなったレクサスの不具合指摘件数は95PP100だった。2位はポルシェの97PP100で前年調査の5位から大幅に順位を上げた。3位はビュイック、4位がトヨタ、5位がGMCとなった。

セグメント別モデルランキングでは、ゼネラルモーターズ(GM)が8つのセグメントでアワードを受賞した。GMでトップに入ったモデルは、ビュイック『アンコール』、ビュイック『ラクロス』、ビュイック『ベラーノ』、シボレー『カマロ』、シボレー『エクイノックス』、シボレー『マリブ』、シボレー『シルバラードHD』、GMC『ユーコン』。

GMに次いでアワード受賞が多かったのはトヨタで6つのセグメント。トヨタでトップに入ったモデルは、レクサス『ES』、レクサス『GS』、レクサス『GX』、トヨタ『プリウスV』、トヨタ『シエナ』、トヨタ『タンドラ』だった。

このほか、フィアット『500』、ホンダ『フィット』、メルセデスベンツ『GLKクラス』、MINI 『クーパー』、MINI『クーペ/ロードスター』、日産『ムラーノ』がセグメント別アワードを受賞した。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. アドヴィックスの刈谷工場で爆発事故発生…トヨタの操業に影響の可能性

    アドヴィックスの刈谷工場で爆発事故発生…トヨタの操業に影響の可能性

  2. 【スマートコミュニティ16】トヨタ、新型プリウスPHV 日本仕様を初公開

    【スマートコミュニティ16】トヨタ、新型プリウスPHV 日本仕様を初公開

  3. 自動車メーカー、他社牽制力ランキング トップ3はトヨタ 日産 ホンダ

    自動車メーカー、他社牽制力ランキング トップ3はトヨタ 日産 ホンダ

  4. 軍用ロボ? いえトラクターです…ランボルギーニ MACH VRT T4i

  5. ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

  6. スバル富士重、国内販売が5か月ぶりのプラス…4月実績

  7. 日産、デイズ販売停止も影響し国内販売22.3%減…4月実績

  8. マツダ、海外生産が25か月ぶりのマイナス…4月実績

  9. トヨタのブレーキ合弁、アドヴィックス…増資と持株比率を変更

  10. 【人とくるまのテクノロジー16】住友電装、軽くて安いアルミハーネスで市場の席巻狙う

アクセスランキングをもっと見る