【ジュネーブモーターショー16】トヨタ ハイラックス 新型、欧州初公開へ | レスポンス(Response.jp)

【ジュネーブモーターショー16】トヨタ ハイラックス 新型、欧州初公開へ

自動車 ニューモデル 新型車

トヨタ ハイラックス エキストラキャブ
  • トヨタ ハイラックス エキストラキャブ
  • トヨタ ハイラックス エキストラキャブ
  • インテリア
  • キャビンスペース
  • 新開発フレーム
  • 1GD ディーゼルエンジン
トヨタ自動車の欧州法人、トヨタモーターヨーロッパは2月22日、スイスで3月に開催されるジュネーブモーターショー16において、新型『ハイラックス』を欧州初公開すると発表した。

新型ハイラックスは2015年5月、タイでワールドプレミア。初代ハイラックスは1968年に発売。世界累計台数は1600万台を超えている。新型は、8世代目。

新型ハイラックスは、フレームサイドレールの断面を拡大した新開発フレームを導入。頑丈さや安全性を引き上げた。さらに、リーフスプリングとダンパーを改良。衝撃吸収性と振動減衰性を高め、より高い走破力としなやかな乗り心地を追求する。

タイ仕様のエンジンは、最大出力177ps、最大トルク45.9kgmを発生する新開発2755ccディーゼル。全回転域で力強い走りを実現するほか、低燃費化により航続距離を伸ばす。トランスミッションは、新開発の6速AT。多段化とギア比の最適化により、エンジン性能を最大限に生かし、力強い走りと低燃費を両立した。

ジュネーブモーターショー16では、この新型ハイラックスが欧州初公開を果たす。トヨタモーターヨーロッパは欧州仕様について、「2.4リットルのD-4Dエンジンを搭載する」と説明している。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品