【メルセデスベンツ GLC】日本の道路事情にマッチしたミドルSUV[写真蔵]

自動車 ニューモデル 新型車

メルセデスベンツ GLC
  • メルセデスベンツ GLC
  • メルセデスベンツ GLC
  • メルセデスベンツ GLC
  • メルセデスベンツ GLC
  • メルセデスベンツ GLC
  • メルセデスベンツ GLC
  • メルセデスベンツ GLC
  • メルセデスベンツ GLC
メルセデス・ベンツ日本は、新型ミドルサイズSUV『GLC』を2月9日に発売した。

GLCは、現行の『GLK』の後継モデル。今回のフルモデルチェンジにより、『Cクラス』と同等の安全、快適装備を備えるとともに、車名もメルセデスのSUVモデルを表す「GL」と車格を表す「C」を組み合わせ、「GLC」と刷新した。

パワートレインは、最高出力211psを発揮する2.0リットル直列4気筒ターボエンジンと、最新の9速AT「9G-トロニック」の組み合わせ。大幅なダウンサイジングにより燃費は13.4km/リットル(JC08モード)と約15%向上させながら、最大トルクはほぼ同等の350Nmを確保している。

ボディサイズは、全長4660×全幅1890×全高1645mmと、Cクラス同様、日本の道路事情にマッチした扱いやすい大きさ。エクステリアデザインは、短いオーバーハングにスポーティでダイナミックな最新のメルセデスデザインを踏襲し、クーペのようなルーフラインと長いホイールベースが優美なサイドシルエットをもたらしている。

室内は、先代GLKに比べて前後席ともに拡大。特に後席レッグルームを57mm、足元スペースを34mm拡大し、快適性を改善している。ラゲッジルームも通常時で先代より100リットル拡大した550リットルを確保し、さらに後席バックレストを倒せば最大1600リットルまで拡大できる。また、8.4インチディスプレイを備えたCOMANDシステムもコントローラーに加えタッチパッドも採用するなど、最新世代へと進化した。
《徳田龍磨》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【ホンダ アコード ハイブリッド】シフトがノブからボタン操作に変わった理由とは

    【ホンダ アコード ハイブリッド】シフトがノブからボタン操作に変わった理由とは

  2. スバル レヴォーグ、最上級グレード STIスポーツ の先行予約を開始

    スバル レヴォーグ、最上級グレード STIスポーツ の先行予約を開始

  3. スバル BRZ、初の大幅改良…米国で先行公開

    スバル BRZ、初の大幅改良…米国で先行公開

  4. 【グッドウッド16】マツダ ロードスター 新型にスピードスターコンセプト、欧州初公開へ

  5. 【ホンダ アコードハイブリッド】世界初、信号情報活用運転支援システムを標準搭載

  6. ホンダ S660 無限 RA…カスタマイズベースとして楽しめるコンプリートカー[写真蔵]

  7. BMW 5シリーズ 次世代型、新LEDエンジェルアイ光った!

  8. 【ワークスチューニング】トヨタ TRD ヴェルファイア…小さいパーツの大きな効果[写真蔵]

  9. ホンダ NSX 新型、米工場で量産開始…第一号車を引き渡し

  10. BMW 7シリーズに創立100周年記念モデル…最上級の室内空間 1880万円

アクセスランキングをもっと見る