【メルセデスベンツ GLC】日本の道路事情にマッチしたミドルSUV[写真蔵]

自動車 ニューモデル 新型車

メルセデスベンツ GLC
  • メルセデスベンツ GLC
  • メルセデスベンツ GLC
  • メルセデスベンツ GLC
  • メルセデスベンツ GLC
  • メルセデスベンツ GLC
  • メルセデスベンツ GLC
  • メルセデスベンツ GLC
  • メルセデスベンツ GLC
メルセデス・ベンツ日本は、新型ミドルサイズSUV『GLC』を2月9日に発売した。

GLCは、現行の『GLK』の後継モデル。今回のフルモデルチェンジにより、『Cクラス』と同等の安全、快適装備を備えるとともに、車名もメルセデスのSUVモデルを表す「GL」と車格を表す「C」を組み合わせ、「GLC」と刷新した。

パワートレインは、最高出力211psを発揮する2.0リットル直列4気筒ターボエンジンと、最新の9速AT「9G-トロニック」の組み合わせ。大幅なダウンサイジングにより燃費は13.4km/リットル(JC08モード)と約15%向上させながら、最大トルクはほぼ同等の350Nmを確保している。

ボディサイズは、全長4660×全幅1890×全高1645mmと、Cクラス同様、日本の道路事情にマッチした扱いやすい大きさ。エクステリアデザインは、短いオーバーハングにスポーティでダイナミックな最新のメルセデスデザインを踏襲し、クーペのようなルーフラインと長いホイールベースが優美なサイドシルエットをもたらしている。

室内は、先代GLKに比べて前後席ともに拡大。特に後席レッグルームを57mm、足元スペースを34mm拡大し、快適性を改善している。ラゲッジルームも通常時で先代より100リットル拡大した550リットルを確保し、さらに後席バックレストを倒せば最大1600リットルまで拡大できる。また、8.4インチディスプレイを備えたCOMANDシステムもコントローラーに加えタッチパッドも採用するなど、最新世代へと進化した。
《徳田龍磨》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【トヨタ プリウスPHV 新型】大型部品のバックドアに炭素繊維強化樹脂を採用

    【トヨタ プリウスPHV 新型】大型部品のバックドアに炭素繊維強化樹脂を採用

  2. 【トヨタ プリウスPHV 新型】世界初の駆動用ソーラー充電搭載…1日最大6.1km走行分を発電

    【トヨタ プリウスPHV 新型】世界初の駆動用ソーラー充電搭載…1日最大6.1km走行分を発電

  3. 【ホンダ NSX 新型】日本車最高値の2370万円、ポルシェ 911ターボ も超えた

    【ホンダ NSX 新型】日本車最高値の2370万円、ポルシェ 911ターボ も超えた

  4. 【トヨタ プリウスPHV 新型】航続60km以上、最高速135km/hに…豊島チーフエンジニア「EVの走りをはっきりと」

  5. 【ホンダ NSX 新型】展示は販売店以外で…羽田空港、表参道ヒルズはじめ、名古屋、大阪でイベント

  6. 【ホンダ NSX 新型】開発責任者クラウス氏「競合車はない。これははっきりしている」

  7. ポルシェ カイエン 次期型、“ランデブー”高地テストを激写

  8. MINIセブン 発売、原点「オースチン・セブン」を彷彿

  9. 【ホンダ NSX 新型】八郷社長「車がただの道具になってもらっては困る」

  10. ランドローバー ディスカバリースポーツ、2017年モデルの受注開始

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら