【メルセデスベンツ GLC】日本の道路事情にマッチしたミドルSUV[写真蔵]

自動車 ニューモデル 新型車

メルセデスベンツ GLC
  • メルセデスベンツ GLC
  • メルセデスベンツ GLC
  • メルセデスベンツ GLC
  • メルセデスベンツ GLC
  • メルセデスベンツ GLC
  • メルセデスベンツ GLC
  • メルセデスベンツ GLC
  • メルセデスベンツ GLC
メルセデス・ベンツ日本は、新型ミドルサイズSUV『GLC』を2月9日に発売した。

GLCは、現行の『GLK』の後継モデル。今回のフルモデルチェンジにより、『Cクラス』と同等の安全、快適装備を備えるとともに、車名もメルセデスのSUVモデルを表す「GL」と車格を表す「C」を組み合わせ、「GLC」と刷新した。

パワートレインは、最高出力211psを発揮する2.0リットル直列4気筒ターボエンジンと、最新の9速AT「9G-トロニック」の組み合わせ。大幅なダウンサイジングにより燃費は13.4km/リットル(JC08モード)と約15%向上させながら、最大トルクはほぼ同等の350Nmを確保している。

ボディサイズは、全長4660×全幅1890×全高1645mmと、Cクラス同様、日本の道路事情にマッチした扱いやすい大きさ。エクステリアデザインは、短いオーバーハングにスポーティでダイナミックな最新のメルセデスデザインを踏襲し、クーペのようなルーフラインと長いホイールベースが優美なサイドシルエットをもたらしている。

室内は、先代GLKに比べて前後席ともに拡大。特に後席レッグルームを57mm、足元スペースを34mm拡大し、快適性を改善している。ラゲッジルームも通常時で先代より100リットル拡大した550リットルを確保し、さらに後席バックレストを倒せば最大1600リットルまで拡大できる。また、8.4インチディスプレイを備えたCOMANDシステムもコントローラーに加えタッチパッドも採用するなど、最新世代へと進化した。
《徳田龍磨》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品