大井川鐵道、夜桜楽しむ特別列車を運行…電気機関車が展望車けん引 | レスポンス(Response.jp)

大井川鐵道、夜桜楽しむ特別列車を運行…電気機関車が展望車けん引

鉄道 企業動向

蒸気機関車で知られる大井川鐵道だが、『夜桜列車』はE10形がけん引する。
  • 蒸気機関車で知られる大井川鐵道だが、『夜桜列車』はE10形がけん引する。
  • 『夜桜列車』は旧国鉄の旧型客車やお座敷客車、展望客車で運行される。写真は旧国鉄の旧型客車。
  • 『夜桜列車』は旧国鉄の旧型客車やお座敷客車、展望客車で運行される。写真はお座敷客車。
  • 『夜桜列車』は旧国鉄の旧型客車やお座敷客車、展望客車で運行される。写真は展望客車。
大井川鐵道は3月25・26日、家山の夜桜を楽しむ特別列車『夜桜列車』を大井川本線の新金谷~家山間(静岡県島田市)で運行する。

運行時刻は、25・26両日とも往路が新金谷18時00分発~家山18時28分着、復路が家山20時14分発~新金谷20時44分着。家山駅ではライトアップされた夜桜を楽しめる。車両は旧国鉄の旧型客車とお座敷客車、展望客車を使用。E10形電気機関車がけん引する。

旅行代金は大人3500円・子供1500円で、金谷~家山間の往復乗車券とおつまみ、缶ビールなどが付く。募集人数は各日110人。申込みは出発日の10日前まで、大鉄観光サービス本社営業所で受け付ける。

大井川鐵道によると、家山は静岡県でも有名なサクラの名所のひとつ。ライトアップされた夜桜も「大変あでやか」という。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品