クライスラー、ミニバンなど11万台をリコール…エアバッグに不具合

自動車 ビジネス 海外マーケット

クライスラータウン&カントリー
  • クライスラータウン&カントリー
  • VW ルータン
米国の自動車大手、FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)US(旧クライスラーグループ)は2月上旬、米国を中心に約11万台をリコール(回収・無償修理)すると発表した。

今回のリコールは、エアバッグの制御システムに不具合があるために行われるもの。FCA USによると、事故の際、エアバッグを最適に展開できない恐れがあるという。

なお、FCA USでは、この不具合に起因した可能性のある事故により、7名の負傷者を把握。ただし、全員が軽傷としている。

リコールの対象となるのは、2008-2009年モデルのクライスラー『タウン&カントリー』、2008-2009年モデルのダッジ『グランドキャラバン』、フォルクスワーゲンにOEM供給された2009年モデルの『ルータン』、2009年モデルのダッジ『ジャーニー』。米国では11万2001台、カナダやメキシコ、NAFTA地域外でも、少数がリコールに該当する。

FCA USは、対象車を保有する顧客に通知。販売店において、点検およびリコール作業を行う。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 法令違反だった車種の燃費試験結果を公表...スズキ

    法令違反だった車種の燃費試験結果を公表...スズキ

  2. スズキ 鈴木会長「再発防止策が第一の経営責任」…燃費データ不正

    スズキ 鈴木会長「再発防止策が第一の経営責任」…燃費データ不正

  3. アドヴィックスの刈谷工場で爆発事故発生…トヨタの操業に影響の可能性

    アドヴィックスの刈谷工場で爆発事故発生…トヨタの操業に影響の可能性

  4. スズキ鈴木会長「不正を深くお詫びする」…燃費データ問題で、販売は継続

  5. 燃費データ問題、実燃費は届出値より高いが他社供給車両でも不正...スズキ

  6. 燃費達成率ランキング、データ問題で揺れるスズキの スイフト がトップ…e燃費調べ

  7. 軍用ロボ? いえトラクターです…ランボルギーニ MACH VRT T4i

  8. 爆発事故のアドヴィックス、生産を一部再開

  9. ミシュランガイド富山・石川、日本料理「山崎」が三つ星獲得

  10. 「ミシュランガイド富山・石川2016特別版」発売前にウェブで先行公開

アクセスランキングをもっと見る