クライスラー、ミニバンなど11万台をリコール…エアバッグに不具合

自動車 ビジネス 海外マーケット

クライスラータウン&カントリー
  • クライスラータウン&カントリー
  • VW ルータン
米国の自動車大手、FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)US(旧クライスラーグループ)は2月上旬、米国を中心に約11万台をリコール(回収・無償修理)すると発表した。

今回のリコールは、エアバッグの制御システムに不具合があるために行われるもの。FCA USによると、事故の際、エアバッグを最適に展開できない恐れがあるという。

なお、FCA USでは、この不具合に起因した可能性のある事故により、7名の負傷者を把握。ただし、全員が軽傷としている。

リコールの対象となるのは、2008-2009年モデルのクライスラー『タウン&カントリー』、2008-2009年モデルのダッジ『グランドキャラバン』、フォルクスワーゲンにOEM供給された2009年モデルの『ルータン』、2009年モデルのダッジ『ジャーニー』。米国では11万2001台、カナダやメキシコ、NAFTA地域外でも、少数がリコールに該当する。

FCA USは、対象車を保有する顧客に通知。販売店において、点検およびリコール作業を行う。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 撤退が決定したフォードディーラーの今…フォード神奈川港北ニュータウン店を訪ねる

    撤退が決定したフォードディーラーの今…フォード神奈川港北ニュータウン店を訪ねる

  2. スズキ鈴木俊宏社長「壁をぶち破る」、チームスズキで閉鎖体質を変えられるか

    スズキ鈴木俊宏社長「壁をぶち破る」、チームスズキで閉鎖体質を変えられるか

  3. 【訃報】稲川スズキ元会長が死去

    【訃報】稲川スズキ元会長が死去

  4. 【訃報】日産 塙義一前社長が死去…ルノーとの資本提携を決断

  5. スズキ鈴木修会長がCEO辞退、本田副社長退任...燃費不正の引責

  6. 恋人に会うために使えるタクシー料金、あなたはいくら?…ゼンリンデータコム調査結果

  7. キャンピングカーの売上、過去最高の357億円…2015年 日本RV協会調べ

  8. タカタ製エアバッグが異常破裂か、ホンダ車で新たな死者…マレーシア

  9. 【川崎大輔の流通大陸】「メイドインジャパンは必要ない」タイで生きる日系ブランド

  10. ヤマト運輸、問い合わせにAIが自動で対応…LINE公式アカウントに機能追加

アクセスランキングをもっと見る