クライスラー、ミニバンなど11万台をリコール…エアバッグに不具合

自動車 ビジネス 海外マーケット

クライスラータウン&カントリー
  • クライスラータウン&カントリー
  • VW ルータン
米国の自動車大手、FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)US(旧クライスラーグループ)は2月上旬、米国を中心に約11万台をリコール(回収・無償修理)すると発表した。

今回のリコールは、エアバッグの制御システムに不具合があるために行われるもの。FCA USによると、事故の際、エアバッグを最適に展開できない恐れがあるという。

なお、FCA USでは、この不具合に起因した可能性のある事故により、7名の負傷者を把握。ただし、全員が軽傷としている。

リコールの対象となるのは、2008-2009年モデルのクライスラー『タウン&カントリー』、2008-2009年モデルのダッジ『グランドキャラバン』、フォルクスワーゲンにOEM供給された2009年モデルの『ルータン』、2009年モデルのダッジ『ジャーニー』。米国では11万2001台、カナダやメキシコ、NAFTA地域外でも、少数がリコールに該当する。

FCA USは、対象車を保有する顧客に通知。販売店において、点検およびリコール作業を行う。
《森脇稔》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品