メルセデス Sクラス 改良型、新マルチビームLEDヘッドライト見えた! | レスポンス(Response.jp)

メルセデス Sクラス 改良型、新マルチビームLEDヘッドライト見えた!

自動車 ニューモデル 新型車

メルセデスベンツ Sクラス スクープ写真
  • メルセデスベンツ Sクラス スクープ写真
  • メルセデスベンツ Sクラス スクープ写真
  • メルセデスベンツ Sクラス スクープ写真
  • メルセデスベンツ Sクラス スクープ写真
  • メルセデスベンツ Sクラス スクープ写真
  • メルセデスベンツ Sクラス スクープ写真
  • メルセデスベンツ Sクラス スクープ写真
  • メルセデスベンツ Sクラス スクープ写真
メルセデスベンツの旗艦サルーン『Sクラス』改良型の姿を、ウィンターテストでカメラが捉えた。また、今回は室内の撮影にも成功した。

一番の進化は新型『Eクラス』に採用されている、「マルチビームLEDヘッドライト」の搭載だ。ヘッドライト上部には、現行モデルとは異なる、途中から二本に枝分かれした「デイタイム・ランニングライト」、サイドには三分割されたロービームが配置されている。

室内を見ると、エアコン吹き出し口センターに時計が配置されているのがわかる。布で覆われたステアリングホイールはより、スポーティーなものになると言う。

心臓部には現行のV型6気筒に別れを告げ、新開発の直列6気筒を搭載する。また、Eクラスにも搭載されている、2リットル4気筒ターボもラインナップされるだろう。

ワールドプレミアは早ければ2016年3月のジュネーブモーターショーとなる可能性もある。
《子俣有司@アポロニュースサービス》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品