国際宇宙ステーション「きぼう」で高品質タンパク質生成実験を実施…医薬品創生を目指す | レスポンス(Response.jp)

国際宇宙ステーション「きぼう」で高品質タンパク質生成実験を実施…医薬品創生を目指す

宇宙 テクノロジー

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、ペプチドリームと、国際宇宙ステーション・(ISS)「きぼう」日本実験棟を利用した高品質タンパク質結晶生成実験を包括的に実施する受託契約を締結した。

契約期間は2017年8月まで。

今回の契約では、ペプチドリームが保有する複数の創薬ターゲットを対象に、JAXAが試料生産への技術的助言から宇宙実験までの一連の作業を受託する包括的な契約内容となっている。個々のタンパク質結晶化実験ごとに契約を締結していた従来の契約形態と比べて、ペプチドリームの研究の状況に応じた迅速、柔軟な宇宙実験の実施が可能となる。

特殊環状ペプチドによる創薬開発プラットフォームシステムという技術で創薬研究開発の分野をリードするペプチドリームと、微小重力環境という稀有な研究環境を活用した高品質タンパク質結晶化プラットフォームを持つJAXAが包括的に連携する。これによって従来の取り組みと比べ、より短期間、効率的に創薬標的タンパク質と医薬品候補化合物の構造情報を取得し、日本発・世界初の医薬品創成の早期実現を目指す。

ペプチドリームは、昨年9月、ISS「きぼう」日本実験棟で行われる高品質タンパク質結晶生成実験第2期シリーズ民間利用促進コース(トライアルユース)に応募して選定された。

これまでにペプチドリームが提供した試料をJAXA側で宇宙実験に向け、タンパク質試料の精製、結晶化条件を検討、既に地上での結晶化に成功した。3月にロシアのプログレス宇宙船に搭載され、宇宙実験を行い、詳細な構造情報の取得を目指す。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品