【F1】本田技術研究所、F1マシン開発にIBM「IoT・フォー・オートモーティブ」採用

自動車 ビジネス 企業動向

マクラーレン・ホンダの2016年マシンMP4-31
  • マクラーレン・ホンダの2016年マシンMP4-31
日本IBMは、本田技術研究所がF1のハイブリッド・エンジン状況を分析するため、F1マシンのレーシング・データ解析システムの基盤としてIBMの「IoT・フォー・オートモーティブ」を採用したと発表した。

本田技術研究所は、高品質なホンダ車を実現するため、設計・開発を中心にさまざまな取り組みを進めており、2015年からF1向けパワー・ユニット開発が大きなテーマとなっている。

F1レースでは、走行中、的確に故障予知と残燃料予測することが重要で、各サーキット現場と、国内の開発本拠地である栃木県さくら市のHRD Sakura、パワー・ユニットの供給先であるマクラーレンの英国拠点を結んで、パワー・ユニットの状況をモニタリングし、故障予知や残燃料予測、レース戦略立案のカギを握る情報の共有を図る必要がある。

また、過去の参戦当時に比べると、現在のF1レギュレーションでは、複雑なパワーユニットシステムになったことに加え、現場のスタッフ数にも厳しい制限が課されていることから、少数の現場スタッフを国内の開発拠点から手厚くサポートする必要がある。

本田技術研究所では、サーキットを走行するF1マシンに搭載されたパワー・ユニットの状況をリアルタイムに分析する解析システムを導入、開発を加速している。導入したレーシング・データ解析ソリューションは、パワー・ユニットの分析による故障予知、残燃料予測に加えて、走行後にエンジンやモーターの回転数の頻度分布や各車のドライバーによる差異をレポートする。

レーシング・データ解析システムのシステム基盤として、F1マシンに搭載された各種センサーから収集したデータを分析し、走行状況をリアルタイムで把握するとともに、パワー・ユニットの異常を検知する。

本田技術研究所では、F1マシンのレーシング・データ解析システムを導入することで、パワー・ユニットの戦略的なセッティングに取り組む。また、年間約20レースにおいて、トラック・サイドに配置されるサーキット・エンジニアの負荷軽減、コスト削減を実現した。この結果、開発本拠地でパワー・ユニット開発に、より多くのリソースを投入することが可能になったとしている。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 撤退が決定したフォードディーラーの今…フォード神奈川港北ニュータウン店を訪ねる

    撤退が決定したフォードディーラーの今…フォード神奈川港北ニュータウン店を訪ねる

  2. 日産、韓国環境省を提訴…行政処分取り消し求める

    日産、韓国環境省を提訴…行政処分取り消し求める

  3. トヨタ プリウス TRDパーツ…空力性能を高め走りを追求[写真蔵]

    トヨタ プリウス TRDパーツ…空力性能を高め走りを追求[写真蔵]

  4. 日本板硝子、長波長紫外線をカットする自動車向けガラス製品化へ…世界初

  5. イギリスEU離脱…影響される日本企業343社

  6. 【ものづくりワールド16】松浦機械製作所のハイブリッド金属3Dプリンタ…人だかりの理由

  7. 生産現場にもVR? 自動車のエンジン組み立てる“バーチャル工場”

  8. 中央道小早川橋と弓振川橋をリニューアル 10月から

  9. マセラティ クアトロポルテ と ギブリ、米国でリコール…ATに不具合

  10. ファミリー派も納得、ミニバンの走りに安定感を…HKSのアル/ヴェル用新サスペンション「ハイパーマックス G」

アクセスランキングをもっと見る