人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

次世代環境自動車向け大型二次電池の世界市場、2025年には6兆円超え…富士経済予測

自動車 ビジネス 海外マーケット

富士経済は、次世代環境自動車向けの大型二次電池の世界市場を調査し、その結果を報告書「エネルギー・大型二次電池・材料の将来展望 2016 次世代環境自動車分野編」にまとめた。

調査結果によると、2015年の市場は2014年比74.9%増の1兆0943億円が見込まれる。EV向けの割合が大きく、中でもEVトラック・バス向けが中国の需要増加により大きく伸びた。現状HV・PHV向けは日本の需要が多くを占めるが、今後はPHV向けを中心に北米や欧州で需要が増加するとみられ、2025年には2014年比10.2倍の6兆3649億円に達すると予測する。

電池種類別にみると、EVやPHVで搭載されるリチウムイオン電池(LiB)の割合が圧倒的に大きい。ニッケル水素電池(NiMH)は現状HVで搭載が多いが、LiBを搭載するHVが増加するため2025年にはNiMHの需要は減少するとみられる。PbはISSV/マイクロHV向けが大きく伸びるとみられ、小規模ながらマイクロEV向けの需要も期待される。電気二重層キャパシタ(EDLC)は中国のEVトラック・バスなどで採用されている。

地域別需要動向については、現状では中国やアメリカの占める割合が高い。特に中国は2015年にEV乗用車やEVトラック・バスの生産が急拡大したため、LiBを中心に需要が大幅に増加している。アメリカは大容量電池パックを搭載するテスラモーターズのEV向けなどLiBが中心だ。

今後は欧州や米国、中国の需要が大きく増加すると予想。欧州や米国はEVやPHV向けのLiBが大幅に伸び、特に米国ではEV向けのLiB市場が2025年に1兆円を超えるとみられる。中国もEVやPHV向けを中心に伸びるが、特にEVトラック・バス向けが他地域に比べて大きく増加するとみられる。日本は現状HV向けのNiMHやLiBが中心だが、将来的にはPHV向けのLiBが大幅に増えると予想される。また、FCVの普及は日本が先行するが、低価格のNiMHの搭載が中心とみられる。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 【リコール】三菱ふそう スーパーグレードなど、エンジン損傷のおそれ

    【リコール】三菱ふそう スーパーグレードなど、エンジン損傷のおそれ

  2. 【リコール】ダイハツ タント 80万台、バックドアステー破損で負傷のおそれ…塩害地域は要注意

    【リコール】ダイハツ タント 80万台、バックドアステー破損で負傷のおそれ…塩害地域は要注意

  3. 【リコール】日野レンジャー など、ターボチャージャ不具合でエンストのおそれ

    【リコール】日野レンジャー など、ターボチャージャ不具合でエンストのおそれ

  4. 日産、リコール対象車の入庫を促進…未実施車のバックドアで負傷事故発生

  5. 定額クルマ乗り換え放題サービス始まる…IDOMが首都圏で先行リリース

  6. 三菱ふそう、バス床下の腐食点検を呼びかけ…重大事故のおそれ

  7. ダイハツ タント、バックドアのステー破損で負傷事故発生

  8. タクシー業者の実態、台当たり運送収入は上昇も収入総額は減少…帝国データバンク

  9. スバル富士重 吉永社長「今秋の インプレッサ 皮切りに毎年新車を投入」

  10. 高齢者向けタクシー定期券を再開…福岡市内全域に拡大

アクセスランキングをもっと見る