人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

次世代環境自動車向け大型二次電池の世界市場、2025年には6兆円超え…富士経済予測

自動車 ビジネス 海外マーケット

富士経済は、次世代環境自動車向けの大型二次電池の世界市場を調査し、その結果を報告書「エネルギー・大型二次電池・材料の将来展望 2016 次世代環境自動車分野編」にまとめた。

調査結果によると、2015年の市場は2014年比74.9%増の1兆0943億円が見込まれる。EV向けの割合が大きく、中でもEVトラック・バス向けが中国の需要増加により大きく伸びた。現状HV・PHV向けは日本の需要が多くを占めるが、今後はPHV向けを中心に北米や欧州で需要が増加するとみられ、2025年には2014年比10.2倍の6兆3649億円に達すると予測する。

電池種類別にみると、EVやPHVで搭載されるリチウムイオン電池(LiB)の割合が圧倒的に大きい。ニッケル水素電池(NiMH)は現状HVで搭載が多いが、LiBを搭載するHVが増加するため2025年にはNiMHの需要は減少するとみられる。PbはISSV/マイクロHV向けが大きく伸びるとみられ、小規模ながらマイクロEV向けの需要も期待される。電気二重層キャパシタ(EDLC)は中国のEVトラック・バスなどで採用されている。

地域別需要動向については、現状では中国やアメリカの占める割合が高い。特に中国は2015年にEV乗用車やEVトラック・バスの生産が急拡大したため、LiBを中心に需要が大幅に増加している。アメリカは大容量電池パックを搭載するテスラモーターズのEV向けなどLiBが中心だ。

今後は欧州や米国、中国の需要が大きく増加すると予想。欧州や米国はEVやPHV向けのLiBが大幅に伸び、特に米国ではEV向けのLiB市場が2025年に1兆円を超えるとみられる。中国もEVやPHV向けを中心に伸びるが、特にEVトラック・バス向けが他地域に比べて大きく増加するとみられる。日本は現状HV向けのNiMHやLiBが中心だが、将来的にはPHV向けのLiBが大幅に増えると予想される。また、FCVの普及は日本が先行するが、低価格のNiMHの搭載が中心とみられる。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. ジープ ラングラー 次期型、ボディパネルは自社製に…新工場で生産

    ジープ ラングラー 次期型、ボディパネルは自社製に…新工場で生産

  2. 日産の発信拠点、銀座にオープンへ…NISSAN CROSSING

    日産の発信拠点、銀座にオープンへ…NISSAN CROSSING

  3. トヨタ RAV4 とレクサス HS、米国でリコール…サスペンションに不具合

    トヨタ RAV4 とレクサス HS、米国でリコール…サスペンションに不具合

  4. マツダ ロードスター RF、発売記念車は得意客に優先販売…米国

  5. 印タタ自、純利益は57%減 4‐6月期決算

  6. 「こち亀ラッピングバス」、80分の1スケールで発売…葛飾で運行中

  7. マツダ ロードスター 新型、先行受注予約したユーザーに贈る開発者の「感謝と思い」

  8. ヤマハ発の柳社長、アフリカ開発会議でスピーチ…漁船の開発、現地生産について

  9. 国産名車コレクション スペシャルスケール1/24、先行予約開始…創刊号はトヨタ2000GT

  10. 豊田合成、LED事業を強化…生産拠点を集約

アクセスランキングをもっと見る