人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

【リコール】マツダ ボンゴフレンディ など6.2万台、パワーウィンドウスイッチ不具合で火災事故も

自動車 ビジネス 国内マーケット

マツダは2月25日、『ボンゴフレンディ』などのパワーウィンドウスイッチに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、マツダ『ボンゴフレンディ』とフォード『フリーダ』の2車種で、1995年4月19日~2002年5月7日に製造された6万2399台。

運転席側パワーウィンドウスイッチの内部構造が不適切なため、多量の水分がスイッチ内部に浸入すると、内部基板に異常電流が流れることがある。そのため、当該部位が発熱、溶損し、最悪の場合、発火するおそれがある。

改善措置として、全車両、パワーウィンドウスイッチを対策品と交換する。

不具合は27件発生。火災事故が1件起きている。市場からの情報およびび国土交通省からの指摘により発見した。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 米国高級車販売、メルセデスが首位…レクサスとBMW抑える 7月

    米国高級車販売、メルセデスが首位…レクサスとBMW抑える 7月

  2. 自動車用ソーラーパワー換気扇、車内の温度上昇を抑制

    自動車用ソーラーパワー換気扇、車内の温度上昇を抑制

  3. 日本自動車セールス満足度、ラグジュリー部門でレクサスがV10達成…JDパワー

    日本自動車セールス満足度、ラグジュリー部門でレクサスがV10達成…JDパワー

  4. パナソニック、業界最高容量のアイドリングストップ車用バッテリーを発売…寿命は1.8倍

  5. 震災から4か月、ホンダ熊本製作所 完全復旧までの道のり

  6. 三菱自の燃費不正対象車両、検索システムで一部リスト漏れ

  7. VWの独6工場、稼働を一時停止…サプライヤーとの対立が原因

  8. アウディジャパン、Q3 3車種の価格を10万円引き下げ

  9. サスペンションが慣性エネルギーを電力に変換…アウディが開発

  10. 国内初のリチウムイオンバッテリー搭載フォークリフト、トヨタL&Fが発売

アクセスランキングをもっと見る