【スズキ アルトワークス 復活】冷却性能の向上が生んだ豊かなトルク

自動車 ニューモデル 新型車

スズキ アルト ワークスのエンジン
  • スズキ アルト ワークスのエンジン
  • スズキ アルトワークス
  • スズキ アルトワークス
  • スズキ アルトワークス
  • スズキ アルトワークス
  • スズキ アルトワークス
  • スズキ アルトワークス
  • スズキ アルトワークス
スズキ『アルトワークス』のエンジンは、「ターボRS」をベースに性能を向上させた、ワークス専用チューニングとなっている。

アルトワークスのエンジンは、ターボRSで開発したR06A型ターボエンジンから、最大トルクを 98Nmから100Nmへ2Nmアップさせることで、「より豊かなトルクを感じさせるチューニングを行っている」とスズキ広報部の神原圭吾氏は話す。これにより、車両の動力性能を示す数値、いわゆるトルクウエイトレシオはターボRSの6.8から6.7と小さくなった。

これは、エンジンの冷却性能の向上による結果。具体的にはエンジン本体の冷却と、エンジンルーム内の冷却性能向上だ。エンジン本体は、サーモスタットの開弁温度を 88度から 82度と 6度下げることで燃焼室の温度低減を図った。その結果、充填効率が向上し燃焼時のノッキングを抑制。「ターボRSを上回る力強いトルクフィーリングを実現している」と神原氏。

エンジンルーム内の冷却性能向上は、フロントバンパー運転席側に開口部を設置することで、エンジンルーム内の温度を下げると同時に、その上部にある吸気口からの熱の吸い込みも抑制している。

更にアクセルレスポンスも向上。「加速時のレスポンスディレイを 10%短縮することで、よりダイレクトな加速感を味わえるようにしている」という。

また、スピードメーターにはワークス専用装備としてワークスのロゴが配置され、ブーストインジケーターも設けられた。このブーストインジケーターは、過給圧のかかり始めは白く点灯し、過給圧が増すにつれてグラデーションでだんだんと赤色に変化する。「このように直観的な視覚表示も行うことで、よりスポーティーな雰囲気を演出している」と語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【スバル インプレッサ 新型】ヘキサゴンとコの字の組み合わせは今後のスバルの顔

    【スバル インプレッサ 新型】ヘキサゴンとコの字の組み合わせは今後のスバルの顔

  2. 【日産 セレナ 新型】星野専務「予約好調、ロケットスタート切る」 8月24日発売

    【日産 セレナ 新型】星野専務「予約好調、ロケットスタート切る」 8月24日発売

  3. アルピナ版 5シリーズ ツーリング「B5」早くも目撃

    アルピナ版 5シリーズ ツーリング「B5」早くも目撃

  4. 【スバル インプレッサ 新型】専用サイトで国内仕様を公開…歩行者保護エアバッグを初装備

  5. BMW M5、現行型に最終モデル…5年の歴史に幕

  6. 【メルセデス Eクラス 新型】ドライブパイロット初搭載、高速渋滞時の自動運転を実現

  7. 【メルセデスベンツ Eクラス 新型】上野社長「新世代のスタンダードに」

  8. ホンダ NSX 新型、環境性能でフェラーリ/マクラーレン凌駕

  9. 【日産 セレナ 新型】9月発売予定のプロトタイプ、詳細を撮影[写真蔵]

  10. 【スバル インプレッサ 新型】すべてが必然のデザイン…フロントに生きる「栄・誉エンジン」

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら