叡山電鉄、ICカード導入は3月16日…PiTaPa割引やICOCA連絡定期も

鉄道 企業動向

叡山電鉄のICカード導入は3月16日に決まった。写真は叡山本線の元田中駅。
  • 叡山電鉄のICカード導入は3月16日に決まった。写真は叡山本線の元田中駅。
  • 叡山電鉄のICカード導入は3月16日に決まった。写真は鞍馬線を走る「きらら」。
  • 叡山電鉄では全国相互利用サービスに対応した交通系ICカード10種類が利用できるようになる。
叡山電鉄は2月25日、ICカードの導入日を3月16日に決めたと発表した。全国相互利用サービスやICOCA連絡定期券に対応するほか、PiTaPa割引サービスも導入する。

発表によると、対応カードは全国相互利用に対応した交通系ICカード10種類。PiTaPaやICOCA、Suicaなどで叡山電鉄の鉄道路線を利用できるようになる。

このうちPiTaPaは、1カ月間の利用金額に応じて自動的に割引される「利用額割引」を、3月利用分より適用。大人の場合、1501円から1650円までの利用分が100%引き、1651円以上の利用分は10%引きになる。ただし、2017年3月まではキャンペーン期間とし、1501~1800円の利用分が100%引き、1801円以上の利用分が20%引きになる。事前の登録は不要だ。

また、事前に登録した駅間の運賃が割引になる「叡山電車 登録型割引」も、4月利用分から導入される。登録区間の1カ月定期運賃を上限とし、実際の利用額が上限額を上回った場合は上限額で請求される。こちらも2017年3月まではキャンペーン期間とし、上限額は3カ月定期運賃の3分の1になる。

このほか、3月16日から大津線を除く京阪電鉄で発売される「京阪・叡電ICOCA連絡定期券」も利用できるようになる。ただし、叡山電鉄では京阪・叡電ICOCA連絡定期券を発売しない。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

鉄道 アクセスランキング

  1. JR九州、豊肥線の熊本・大分県境部を7月9日再開へ…特急も一部再開

    JR九州、豊肥線の熊本・大分県境部を7月9日再開へ…特急も一部再開

  2. JR西日本、大阪環状線の新型電車「323系」公開…「斜めの発想」とり入れ

    JR西日本、大阪環状線の新型電車「323系」公開…「斜めの発想」とり入れ

  3. 新型新幹線 N700S、「進化」から「最高」へ…世界最軽量・低コスト・編成自由

    新型新幹線 N700S、「進化」から「最高」へ…世界最軽量・低コスト・編成自由

  4. JR東海、東海道線草薙駅を橋上化…9月18日から

  5. 伊豆急行の「新たな列車」、来年登場へ

  6. デジタルサイネージ一体型ホームドアを開発…東急が実証実験

  7. 【ものづくりワールド16】群馬県の中小企業が考えた乗用鉄道模型が全国で人気に

  8. 札幌の地下鉄から「昭和生まれ」消える…東豊線7000形が引退

  9. 運輸審議会、宇都宮LRT計画で公聴会の開催を決定…7月26日

  10. エヴァ新幹線、7月から再び運行へ…山陽新幹線「500 TYPE EVA」

アクセスランキングをもっと見る