韓国公取、三菱電機に課徴金6300万円…自動車用スターター入札で価格操作

自動車 ビジネス 海外マーケット

韓国公正取引委員会は2月24日、2008年の自動車用スターターの一部入札において、価格操作があったとして、三菱電機に対し、是正措置および課徴金6億3000万ウォン(暫定額 約6300万円)の支払いを命じる決定をしたと発表した。

三菱電機は、今回の決定について今後、正式な決定通知を受領次第、速やかに適切な対応をとっていくとしている。

なおデンソーについても関与が認定されたものの、本件調査の開始以前に違反の疑いがある行為を取り止めていたこと、減免申請が認められたことから、是正措置および課徴金賦課のいずれも免除された。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 撤退が決定したフォードディーラーの今…フォード神奈川港北ニュータウン店を訪ねる

    撤退が決定したフォードディーラーの今…フォード神奈川港北ニュータウン店を訪ねる

  2. カレコカーシェアリング、新型ロードスターを都内3ステーションに導入

    カレコカーシェアリング、新型ロードスターを都内3ステーションに導入

  3. 富士重、スバル自動車保険プランを5年ぶりにリニューアル…サービス拡充

    富士重、スバル自動車保険プランを5年ぶりにリニューアル…サービス拡充

  4. イギリスEU離脱…影響される日本企業343社

  5. 日産、韓国環境省を提訴…行政処分取り消し求める

  6. トヨタ プリウス TRDパーツ…空力性能を高め走りを追求[写真蔵]

  7. GMジャパン石井社長「日本抜きでは考えられない」…フォードの日本撤退で

  8. マツダ ロードスター に「宮古島」仕様

  9. 英自工会、EU離脱に声明…「政府は英自動車産業の利益保護を」

  10. GM、コルベット の工場に投資…より柔軟な生産体制へ

アクセスランキングをもっと見る