【ジュネーブモーターショー16】14時間連続走行を達成したEV、ナノフローセルが出展

エコカー EV

ナノフローセル社の小型EV クアンティーノ
  • ナノフローセル社の小型EV クアンティーノ
  • ナノフローセル社の小型EV クアンティーノ
  • ナノフローセル社の小型EV クアンティーノ
リヒテンシュタインのナノフローセル社は、3月1日から13日まで開催される「ジュネーブモーターショー」に、14時間のノンストップ走行を実現したEVコンセプト『クアンティーノ』を出展する。

クアンティーノは全長3910mmの小型4シータークーペ。EVパワートレインは、4個のモーターが合計最大出力136hpを発生。同社独自のナノフローセルパワートレインは、2個のタンクに液体電解質を内蔵し、電池の中で循環。最大1000kmの走行を可能にしている。クアンティーノは、日常使用における適合性と連続負荷下でのシステム統合性を確認するため、チューリッヒ近郊のテストセンターで耐久テストを実施。14時間の連続走行を達成した。

同社はジュネーブモーターショーにて、クアンティーノおよびナノフローセル技術を紹介する。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

エコカー アクセスランキング

  1. トヨタ、ハイブリッド車の世界累計販売台数が900万台突破…800万台到達から9か月

    トヨタ、ハイブリッド車の世界累計販売台数が900万台突破…800万台到達から9か月

  2. BMWグループの電動車両販売、i3 は5割増…4月

    BMWグループの電動車両販売、i3 は5割増…4月

  3. 【畑村エンジン博士のe燃費データ解析】その5…日本のガラパゴス化の要因は10・15モードにあった

    【畑村エンジン博士のe燃費データ解析】その5…日本のガラパゴス化の要因は10・15モードにあった

  4. 【インタビュー】i-MMDと大容量バッテリーが生む走りの新次元…ホンダ アコードプラグインハイブリッド 開発者

  5. 【ボルボ D4 e燃費チャレンジ】高速巡航から山岳路まで250km走破、最高燃費は20.8km/リットル

  6. 産総研など、リチウムイオン電池内部の反応不均一性の可視化に成功…EV用電池の設計に適用

  7. 【e燃費アワード2015-2016】実燃費日本一はスズキ アルト…24.3km/リットルで総合3連覇

  8. テスラ モデル3、キャンセル8000件…予約総数は37万件に

  9. 米EVテスラ、増産計画を2年前倒し…2018年末までに50万台へ

  10. ボルボ V60 ディーゼルで東京-鹿児島を無給油チャレンジ…1326kmを走破できるか

アクセスランキングをもっと見る