ホンダ八郷社長、新型PHVを18年に北米へ投入

自動車 ビジネス 海外マーケット

ホンダはプラグインハイブリッドの新モデルを2018年までに北米に投入する
  • ホンダはプラグインハイブリッドの新モデルを2018年までに北米に投入する
  • ホンダ八郷隆弘社長
  • ホンダアコード PHEV
  • ホンダ クラリティ フューエル セル(東京モーターショー15)
  • ホンダ アコード PHEV
ホンダの八郷隆弘社長は2月24日に東京都港区の本社で記者会見し、PHV(プラグイン・ハイブリッド車)の新モデルを「2018年までに北米に投入する」との計画を明らかにした。

ホンダのPHVとしては13年にリース販売を始めた『アコードPHV』に次ぐモデルとなる。八郷社長は、この新モデルについて、3月に発売する燃料電池車(FCV)『クラリティ フューエル セル』と「プラットフォーム(車台)の共通化を図る」としており、中型クラスのセグメントになる。

また、八郷社長はホンダの今後の電動化車両では「PHVを中心と定め、(既存の)主要モデルにも順次設定していく」との方針も示した。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 撤退が決定したフォードディーラーの今…フォード神奈川港北ニュータウン店を訪ねる

    撤退が決定したフォードディーラーの今…フォード神奈川港北ニュータウン店を訪ねる

  2. カレコカーシェアリング、新型ロードスターを都内3ステーションに導入

    カレコカーシェアリング、新型ロードスターを都内3ステーションに導入

  3. トヨタ プリウス TRDパーツ…空力性能を高め走りを追求[写真蔵]

    トヨタ プリウス TRDパーツ…空力性能を高め走りを追求[写真蔵]

  4. 富士重、スバル自動車保険プランを5年ぶりにリニューアル…サービス拡充

  5. 日産、韓国環境省を提訴…行政処分取り消し求める

  6. イギリスEU離脱…影響される日本企業343社

  7. オリックス、カーシェア車両に セレナハイブリッド 30台を導入

  8. マツダ ロードスター に「宮古島」仕様

  9. GMジャパン石井社長「日本抜きでは考えられない」…フォードの日本撤退で

  10. 英自工会、EU離脱に声明…「政府は英自動車産業の利益保護を」

アクセスランキングをもっと見る