ホンダ八郷社長、新型PHVを18年に北米へ投入

自動車 ビジネス 海外マーケット

ホンダはプラグインハイブリッドの新モデルを2018年までに北米に投入する
  • ホンダはプラグインハイブリッドの新モデルを2018年までに北米に投入する
  • ホンダ八郷隆弘社長
  • ホンダアコード PHEV
  • ホンダ クラリティ フューエル セル(東京モーターショー15)
  • ホンダ アコード PHEV
ホンダの八郷隆弘社長は2月24日に東京都港区の本社で記者会見し、PHV(プラグイン・ハイブリッド車)の新モデルを「2018年までに北米に投入する」との計画を明らかにした。

ホンダのPHVとしては13年にリース販売を始めた『アコードPHV』に次ぐモデルとなる。八郷社長は、この新モデルについて、3月に発売する燃料電池車(FCV)『クラリティ フューエル セル』と「プラットフォーム(車台)の共通化を図る」としており、中型クラスのセグメントになる。

また、八郷社長はホンダの今後の電動化車両では「PHVを中心と定め、(既存の)主要モデルにも順次設定していく」との方針も示した。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. ホンダ欧州販売…33.5%増の8.8万台、ヴェゼル が牽引 上半期

    ホンダ欧州販売…33.5%増の8.8万台、ヴェゼル が牽引 上半期

  2. いすゞ自動車、GMとの次世代ピックアップトラックの共同開発を中止…単独で開発へ

    いすゞ自動車、GMとの次世代ピックアップトラックの共同開発を中止…単独で開発へ

  3. 三菱 ランエボ など、米国でリコール…サス部品脱落のおそれ

    三菱 ランエボ など、米国でリコール…サス部品脱落のおそれ

  4. テスラ、カーシェアリングに進出へ…自動運転との連携も視野に

  5. 村田製作所、車載カメラに最適な巻線インダクタを商品化

  6. シャープ、交通監視用カメラ向け4/3型CCDを開発…業界トップクラスの感度実現

  7. マクラーレン、2016年販売は倍増の見通し…スポーツシリーズ効果

  8. 米EVテスラ、小型SUVとピックアップトラック市場に参入へ

  9. GM、タカタ製エアバッグで追加リコールの可能性…最大430万台

  10. ドイツ高級3ブランドの中国販売、アウディが首位 6月

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら