国交省、電線の設置基準を緩和へ

自動車 社会 行政

国土交通省は、電線類をより浅く埋設して無電柱化を推進するため、電線などの埋設物に関する設置基準を4月1日に緩和すると発表した。

無電柱化の低コスト手法の導入を図るため設置した「無電柱化低コスト手法技術検討委員会」は、電線を浅く埋設する技術的検討を実施し、これまでの基準より浅く埋設することが可能であることを確認した。

国交省は、この結果を踏まえ、電線類の埋設深さを浅くすることにした。車道部でケーブル、小径管の場合、従来よりも45cm浅く埋設できる。大径管の場合、従来よりも20cm浅く埋設できる。歩道部では従来よりも25cm浅く埋設できる。

今回の基準の緩和により、浅層埋設や小型ボックス活用埋設などの低コスト手法の導入によるコスト低減を図ることで本格的な無電柱化の推進を図る。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 社会 アクセスランキング

  1. バイクで歩行者ひき逃げの男に懲役刑、無保険の隠蔽も認定

    バイクで歩行者ひき逃げの男に懲役刑、無保険の隠蔽も認定

  2. 軽がトラックと正面衝突、非番の女性警官死亡

    軽がトラックと正面衝突、非番の女性警官死亡

  3. 阪神高速を200km/h近い速度で走行した男を逮捕…しかも無保険

    阪神高速を200km/h近い速度で走行した男を逮捕…しかも無保険

  4. カメラで無保険車を発見 車両のナンバー読み取りで、国交省実用化へ

  5. ミラーレス車を解禁へ、国交省が基準を整備

  6. 『ETC 2.0』普及へ前進、経路別の料金優遇などサービス具体化へ

  7. 宇都宮市で13台中7台に整備命令 夜間の街頭検査

  8. トレーラーのブレーキ引き摺りによる火災事故、3年間で82件に

  9. 九州の高速道路、無料化を検討...国交省

  10. ハミルトン、特注スーパーカーで事故…モナコ

アクセスランキングをもっと見る