国交省、電線の設置基準を緩和へ

自動車 社会 行政

国土交通省は、電線類をより浅く埋設して無電柱化を推進するため、電線などの埋設物に関する設置基準を4月1日に緩和すると発表した。

無電柱化の低コスト手法の導入を図るため設置した「無電柱化低コスト手法技術検討委員会」は、電線を浅く埋設する技術的検討を実施し、これまでの基準より浅く埋設することが可能であることを確認した。

国交省は、この結果を踏まえ、電線類の埋設深さを浅くすることにした。車道部でケーブル、小径管の場合、従来よりも45cm浅く埋設できる。大径管の場合、従来よりも20cm浅く埋設できる。歩道部では従来よりも25cm浅く埋設できる。

今回の基準の緩和により、浅層埋設や小型ボックス活用埋設などの低コスト手法の導入によるコスト低減を図ることで本格的な無電柱化の推進を図る。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 社会 アクセスランキング

  1. 自動運転車でドライバーが居眠り、決定的瞬間[動画]

    自動運転車でドライバーが居眠り、決定的瞬間[動画]

  2. 経年車の税軽減へ…自動車文化を考える議員連盟、発足

    経年車の税軽減へ…自動車文化を考える議員連盟、発足

  3. 日産 フェアレディZ NISMO パトカー、警視庁に配備完了

    日産 フェアレディZ NISMO パトカー、警視庁に配備完了

  4. ランボルギーニ アヴェンタドール が大炎上…原因はエンジン空吹かしか[動画]

  5. 熊本地震、今後の備えは「三段構え」で...気象庁

  6. 『ETC 2.0』普及へ前進、経路別の料金優遇などサービス具体化へ

  7. グーグルの自動運転車、公道で衝突事故の瞬間[動画]

  8. トライクにヘルメットはいらない…警察に不手際

  9. R34 GT-R がニュルでクラッシュ[動画]

  10. 特別仕様のナンバープレート始まる、東京オリンピック・パラリンピックとラグビーワールドカップで

アクセスランキングをもっと見る