筑豊電鉄の新型電車、3月からグリーンの2編成目が運行開始 | レスポンス(Response.jp)

筑豊電鉄の新型電車、3月からグリーンの2編成目が運行開始

鉄道 企業動向

3月1日から運行される5002号のイメージ。5001号のピンクに対し、車体塗装はライトグリーンを採用する。
  • 3月1日から運行される5002号のイメージ。5001号のピンクに対し、車体塗装はライトグリーンを採用する。
  • 5月まではデビュー記念のヘッドマークを取り付けて運行される。
筑豊電気鉄道はこのほど、5000形電車の2編成目となる5002号を3月1日から運行すると発表した。

5000形は3車体連接2台車の新型車両。床の高さを低くして乗り降りしやすくした低床式を採用し、2015年3月から5001号の1編成が運行されている。

5001号の車体はピンク色だが、今回導入される5002号はライトグリーンを採用。沿線の北九州・中間・直方3市の「緑豊かな自然と明るい未来」をイメージしているという。

3月1日は楠橋駅を9時09分に発車する黒崎駅前行きから運行を開始する予定。5月9日までは5002号のデビューを記念したヘッドマークを掲出する。

筑豊電鉄は今後も2017年度まで毎年1編成ずつ5000形を導入し、最終的には4編成にする方針だ。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品