京急電鉄の新1000形1800番台、3月4日デビュー…記念切符やイベント列車も

鉄道 企業動向

新1000形1800番台は3月4日から運行される。写真は1800番台の1801編成。
  • 新1000形1800番台は3月4日から運行される。写真は1800番台の1801編成。
  • 1800番台のデビューを記念して発売される記念切符。限定2000セットのうち150セットにはイベント列車の招待券が付く。
京浜急行電鉄(京急)は2月22日、新1000形電車の1800番台が3月4日にデビューすると発表した。これに伴い同社は記念切符の販売や貸切イベント列車の運行を行う。

新1000形は、2002年から導入が続く京急の電車。当初はアルミ車体の8両編成で全体に赤白2色の塗装を施していたが、2007年以降の車両は車体をステンレス製に変更した。側面は窓回りを中心に無塗装(シルバー)となり、それ以外の部分はカラーフィルムを使っている。

今回導入する1800番台は4両編成だが、先頭部のドアを中央に配した貫通型とし、2本つないだ8両編成での運行にも対応する。車体は幅の広い赤と白のフィルムで全体を装飾。これによりシルバーの部分が大幅に減り、新1000形のアルミ車に近い外観になる。まず1801編成と1805編成の4両編成2本が運行を開始する予定だ。

記念切符「新1000形1800番台デビュー記念乗車券」は3月5日の7時から、金沢文庫駅で発売される予定。同駅からの硬券乗車券4枚と専用台紙をセットにしたもので、発売数は2000セットの限定販売になる。2000セットのうち150セットには、1800番台の貸切イベント列車に無料で乗車できる招待券も付く。

貸切イベント列車は3月27日、京急川崎8時36分発~久里浜工場信号所9時20分着・11時25分発~京急久里浜11時28分着のダイヤで運行される予定。1801編成と1805編成をつないだ8両編成を使用する。途中で立ち寄る久里浜工場では、1800番台を中心とした京急車両の撮影会が行われる。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

鉄道 アクセスランキング

  1. 西武鉄道の多摩湖線、台風9号で土砂流入…再開まで1カ月か

    西武鉄道の多摩湖線、台風9号で土砂流入…再開まで1カ月か

  2. 駅のホームドア整備を促す安全性向上検討会で、一般乗客への誘導案内依頼も議論

    駅のホームドア整備を促す安全性向上検討会で、一般乗客への誘導案内依頼も議論

  3. 北海道などで鉄道各線が運休…台風9号の影響

    北海道などで鉄道各線が運休…台風9号の影響

  4. 東武、昭和の蒸気機関車時代…面影残す千住のレール[フォトレポート]

  5. 日本製車両のバンコク都市鉄道新路線、ガラガラで運賃値下げ検討

  6. JR東日本、高崎支社の211系をリニューアル

  7. 「トワイライトエクスプレス瑞風」先頭車、宮原操入り---展望デッキ付き

  8. 「攻めの廃線」で市とJRが前進…石勝線夕張支線[フォトアルバム]

  9. 姫路モノレールの廃駅「大将軍」、最後の一般公開…老朽化で解体へ

  10. JR東日本、男鹿線に蓄電池電車「EV-E801系」導入へ

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら