京急電鉄の新1000形1800番台、3月4日デビュー…記念切符やイベント列車も

鉄道 企業動向

新1000形1800番台は3月4日から運行される。写真は1800番台の1801編成。
  • 新1000形1800番台は3月4日から運行される。写真は1800番台の1801編成。
  • 1800番台のデビューを記念して発売される記念切符。限定2000セットのうち150セットにはイベント列車の招待券が付く。
京浜急行電鉄(京急)は2月22日、新1000形電車の1800番台が3月4日にデビューすると発表した。これに伴い同社は記念切符の販売や貸切イベント列車の運行を行う。

新1000形は、2002年から導入が続く京急の電車。当初はアルミ車体の8両編成で全体に赤白2色の塗装を施していたが、2007年以降の車両は車体をステンレス製に変更した。側面は窓回りを中心に無塗装(シルバー)となり、それ以外の部分はカラーフィルムを使っている。

今回導入する1800番台は4両編成だが、先頭部のドアを中央に配した貫通型とし、2本つないだ8両編成での運行にも対応する。車体は幅の広い赤と白のフィルムで全体を装飾。これによりシルバーの部分が大幅に減り、新1000形のアルミ車に近い外観になる。まず1801編成と1805編成の4両編成2本が運行を開始する予定だ。

記念切符「新1000形1800番台デビュー記念乗車券」は3月5日の7時から、金沢文庫駅で発売される予定。同駅からの硬券乗車券4枚と専用台紙をセットにしたもので、発売数は2000セットの限定販売になる。2000セットのうち150セットには、1800番台の貸切イベント列車に無料で乗車できる招待券も付く。

貸切イベント列車は3月27日、京急川崎8時36分発~久里浜工場信号所9時20分着・11時25分発~京急久里浜11時28分着のダイヤで運行される予定。1801編成と1805編成をつないだ8両編成を使用する。途中で立ち寄る久里浜工場では、1800番台を中心とした京急車両の撮影会が行われる。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

鉄道 アクセスランキング

  1. JR西日本、大阪環状線の新型電車「323系」公開…「斜めの発想」とり入れ

    JR西日本、大阪環状線の新型電車「323系」公開…「斜めの発想」とり入れ

  2. 新型新幹線 N700S、「進化」から「最高」へ…世界最軽量・低コスト・編成自由

    新型新幹線 N700S、「進化」から「最高」へ…世界最軽量・低コスト・編成自由

  3. デジタルサイネージ一体型ホームドアを開発…東急が実証実験

    デジタルサイネージ一体型ホームドアを開発…東急が実証実験

  4. 【ものづくりワールド16】群馬県の中小企業が考えた乗用鉄道模型が全国で人気に

  5. 富士山駅「誕生」5周年イベント…富士急行、7月に開催

  6. 札幌の地下鉄から「昭和生まれ」消える…東豊線7000形が引退

  7. 伊豆急行の「新たな列車」、来年登場へ

  8. エヴァ新幹線、7月から再び運行へ…山陽新幹線「500 TYPE EVA」

  9. 「JR東日本アプリ」が進化、アクセス集中時に表示を変更

  10. 東武鉄道、松原団地駅を「獨協大学前」に改称へ…副名は「草加松原」

アクセスランキングをもっと見る