VWの排ガスリコール作業、パサート は3月から…ドイツ

自動車 ビジネス 海外マーケット

新型フォルクスワーゲン パサート
  • 新型フォルクスワーゲン パサート
  • 新型フォルクスワーゲン パサート
欧州の自動車最大手、フォルクスワーゲングループは2月18日、排ガス不正問題のリコール(回収・無償修理)作業の今後の計画を発表した。

フォルクスワーゲングループは1月末、排ガス不正が行われたEA189型ディーゼルエンジンに関して、欧州のドイツで、リコール作業に着手。EA189型のうち、まずは「2.0TDI」で、ソフトウェアを更新するリコール作業を開始した。

リコール作業はまず、小型ピックアップトラック『アマロック』で開始。今回、同社の発表によると、3月からは、『パサート』の2.0TDI搭載車のリコール作業を開始するという。

また今回、「1.6TDI」と「1.2TDI」のリコールについても、開始時期を公表。1.2TDIは2016年第2四半期(4-6月)の後半、1.6TDIは2016年第3四半期(7-9月)から、リコール作業を開始する。

ソフトウェアのアップデートに要する時間は、30分以内。1.6TDIではソフトウェアの更新と、「エアフロートランスフォーマー」と呼ばれる部品の追加を行うため、およそ45分となる。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. マツダ、世界生産台数が3か月連続マイナス 7月実績

    マツダ、世界生産台数が3か月連続マイナス 7月実績

  2. 水曜日のカンパネラ、プリウス試乗ソング「松尾芭蕉」[動画]

    水曜日のカンパネラ、プリウス試乗ソング「松尾芭蕉」[動画]

  3. タカタ製エアバッグのリコール、1000万個を修理…米国

    タカタ製エアバッグのリコール、1000万個を修理…米国

  4. スバル富士重、世界生産台数が9か月ぶりのマイナス…国内稼働日数減少 7月実績

  5. スズキ、登録車好調も軽自動車販売は19か月連続のマイナス 7月実績

  6. 車中泊での一酸化炭素中毒から身を守る…ドッペルギャンガー、CO計測器を発売

  7. マツダ ロードスター RF、発売記念車は得意客に優先販売…米国

  8. 日産の発信拠点、銀座にオープンへ…NISSAN CROSSING

  9. ジープ ラングラー 次期型、ボディパネルは自社製に…新工場で生産

  10. BMWブランドのPHV販売、西欧で好調 7月

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら