米スバルのSUV、トライベッカ がリコール…走行中にボンネットが開く恐れ

自動車 ビジネス 海外マーケット

スバル トライベッカ
  • スバル トライベッカ
  • スバル トライベッカ
  • スバル トライベッカ
スバル(富士重工)が、かつて米国市場で販売していた中型SUV、『トライベッカ』。同車が米国において、リコール(回収・無償修理)を実施する。

これは、米国NHTSA(運輸省道路交通安全局)が明らかにしたもの。トライベッカに関して、スバルの米国法人、スバルオブアメリカからリコールの届け出を受けた、と発表している。

NHTSAによると、今回のリコールは、ボンネットの不具合が原因。トライベッカのボンネットのロック機構に不具合があり、走行中、ボンネットが突然開く恐れがあるという。

リコールの対象となるのは、2004年11月から2014年1月にかけて生産されたトライベッカ、7万7000台。

スバルオブアメリカでは、対象車両の顧客に連絡。販売店で点検を行い、不具合が見つかった場合、ボンネットのラッチを交換するリコール作業を行うとしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. オートエクゼ、アテンザ用ストリートスポーツ チューニングキットを発売

    オートエクゼ、アテンザ用ストリートスポーツ チューニングキットを発売

  2. 米EVテスラ、小型SUVとピックアップトラック市場に参入へ

    米EVテスラ、小型SUVとピックアップトラック市場に参入へ

  3. クルマを置かないVRショール―ム…代官山蔦屋書店のメルセデス・ベンツ日本に行ってきた

    クルマを置かないVRショール―ム…代官山蔦屋書店のメルセデス・ベンツ日本に行ってきた

  4. 【リコール】スズキ イグニス、走行中にドアが開くおそれ

  5. 【池原照雄の単眼複眼】出発点は「謙虚」…マツダの新しい走り「G-ベクタリング」

  6. マツダ CX-4、中国受注が1万台突破…発売1か月

  7. 車内温度を素早く下げるには「エアコン+窓全開走行」がおすすめ…JAF検証

  8. 軽自動車の世帯当たり普及台数…100世帯に54.3台 2015年末現在

  9. クルマを置かないVRショール―ム…タッチポイントが増える

  10. オートエクゼ、スポーツインダクションボックスに新型ロードスター用を設定

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら