米スバルのSUV、トライベッカ がリコール…走行中にボンネットが開く恐れ

自動車 ビジネス 海外マーケット

スバル トライベッカ
  • スバル トライベッカ
  • スバル トライベッカ
  • スバル トライベッカ
スバル(富士重工)が、かつて米国市場で販売していた中型SUV、『トライベッカ』。同車が米国において、リコール(回収・無償修理)を実施する。

これは、米国NHTSA(運輸省道路交通安全局)が明らかにしたもの。トライベッカに関して、スバルの米国法人、スバルオブアメリカからリコールの届け出を受けた、と発表している。

NHTSAによると、今回のリコールは、ボンネットの不具合が原因。トライベッカのボンネットのロック機構に不具合があり、走行中、ボンネットが突然開く恐れがあるという。

リコールの対象となるのは、2004年11月から2014年1月にかけて生産されたトライベッカ、7万7000台。

スバルオブアメリカでは、対象車両の顧客に連絡。販売店で点検を行い、不具合が見つかった場合、ボンネットのラッチを交換するリコール作業を行うとしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. マヒンドラのSUV、最低のゼロ評価…グローバルNCAP

    マヒンドラのSUV、最低のゼロ評価…グローバルNCAP

  2. トヨタ ヴィッツ、米国でリコール…サスペンションに不具合

    トヨタ ヴィッツ、米国でリコール…サスペンションに不具合

  3. 【カーグッズ】耐久性に注目「本格コーティング剤」でボディケア

    【カーグッズ】耐久性に注目「本格コーティング剤」でボディケア

  4. レースクイーンが時間を知らせる「サーキット時計」第3弾はスーパーフォーミュラ

  5. マグナ、メキシコ新工場を開業…外装部品を生産

  6. ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

  7. スズキ イーコ、最低のゼロ評価…グローバルNCAP

  8. ウェザーニューズ、今年の梅雨の天気傾向を発表…九州は例年より大雨の予想

  9. 【節約絶景ドライブ】見どころが多すぎる!? 石川県・能登半島編

  10. 小は大を兼ねるか? 軽&コンパクトカーのパッケージング、3つのポイントで検証

アクセスランキングをもっと見る