【ポルシェ 911カレラ 改良新型】ダウンサイズエンジンは「水冷化以上のマイルストーン」…七五三木社長

自動車 ニューモデル 新型車

ポルシェ 911カレラ 改良新型とポルシェ・ジャパン 七五三木敏幸 社長
  • ポルシェ 911カレラ 改良新型とポルシェ・ジャパン 七五三木敏幸 社長
  • ポルシェ 911カレラ 改良新型 発表会
  • ポルシェ 911カレラ 改良新型 発表会
  • ポルシェ 911カレラ 改良新型 発表会
  • ポルシェ 911カレラ 改良新型 発表会
  • ポルシェ 911カレラ 改良新型 発表会
  • ポルシェ 911カレラ 改良新型 発表会
  • ポルシェ 911カレラ 改良新型 発表会
ポルシェ・ジャパンの七五三木敏幸社長は2月23日に都内で開いた改良新型『911カレラ』発表会で、新開発のダウンサイジングエンジンについて「エンジン水冷化と同等か、あるいはそれ以上の大きなマイルストーンだ」と強調した。

911カレラおよび同カレラSの改良新型には、ともに3リットル水平対向6気筒ターボチャージャーエンジンが搭載され、従来型から排気量はそれぞれ400cc、800ccダウンサイズされたが、いずれも最大出力で20馬力、最高トルクは60Nm向上している。

七五三木社長は「高効率および低燃費を実現するため、先代モデルと比較して排気量は小さくなったが、より高いパフォーマンスを誇るライトサイジングの見本だ」と、ダウンサイジングではなくライトサイジングと表現。

さらに「ポルシェは昨年のルマン24時間レースで17年ぶりの総合優勝を果たした。ライバルたちと比べて最も小さな排気量ながら効率性に優れた『919ハイブリッド』での勝利は、ポルシェのライトサイジングコンセプトやターボテクノロジーがいかに優れているかの証」とも付け加えた。

その上で「のちに911の歴史を振り返った時に、エンジンのライトサイジングおよびターボ化は1997年のエンジン水冷化と同等か、あるいはそれ以上の大きなマイルストーンといわれるだろう」と述べた。
《小松哲也》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【ホンダ アコードハイブリッド】内外装刷新、モーターやバッテリーも新設計

    【ホンダ アコードハイブリッド】内外装刷新、モーターやバッテリーも新設計

  2. S660 無限 RA、限定660台で10月3日より発売…289万円

    S660 無限 RA、限定660台で10月3日より発売…289万円

  3. ホンダ 無限 シビック タイプR…限られたユーザーに向けた「無限」のパワー[写真蔵]

    ホンダ 無限 シビック タイプR…限られたユーザーに向けた「無限」のパワー[写真蔵]

  4. 【ホンダ アコードハイブリッド】世界初、信号情報活用運転支援システムを標準搭載

  5. 【ホンダ アコードハイブリッド】開発責任者「全領域で40年目の進化」…改良新型

  6. VWの新型クロスオーバーSUV、プロトタイプを激写

  7. 日産 コンセプト2020 ビジョンGT、『グランツーリスモSPORT』発表イベントに登場

  8. BMW 7シリーズに創立100周年記念モデル…最上級の室内空間 1880万円

  9. アストンマーティン、ヴァンキッシュ ザガート 発表…600馬力

  10. 【ニュル24時間 2016】アストンマーティン、4台がワークス参戦へ

アクセスランキングをもっと見る