【ポルシェ 911カレラ 改良新型】ダウンサイズエンジンは「水冷化以上のマイルストーン」…七五三木社長

自動車 ニューモデル 新型車

ポルシェ 911カレラ 改良新型とポルシェ・ジャパン 七五三木敏幸 社長
  • ポルシェ 911カレラ 改良新型とポルシェ・ジャパン 七五三木敏幸 社長
  • ポルシェ 911カレラ 改良新型 発表会
  • ポルシェ 911カレラ 改良新型 発表会
  • ポルシェ 911カレラ 改良新型 発表会
  • ポルシェ 911カレラ 改良新型 発表会
  • ポルシェ 911カレラ 改良新型 発表会
  • ポルシェ 911カレラ 改良新型 発表会
  • ポルシェ 911カレラ 改良新型 発表会
ポルシェ・ジャパンの七五三木敏幸社長は2月23日に都内で開いた改良新型『911カレラ』発表会で、新開発のダウンサイジングエンジンについて「エンジン水冷化と同等か、あるいはそれ以上の大きなマイルストーンだ」と強調した。

911カレラおよび同カレラSの改良新型には、ともに3リットル水平対向6気筒ターボチャージャーエンジンが搭載され、従来型から排気量はそれぞれ400cc、800ccダウンサイズされたが、いずれも最大出力で20馬力、最高トルクは60Nm向上している。

七五三木社長は「高効率および低燃費を実現するため、先代モデルと比較して排気量は小さくなったが、より高いパフォーマンスを誇るライトサイジングの見本だ」と、ダウンサイジングではなくライトサイジングと表現。

さらに「ポルシェは昨年のルマン24時間レースで17年ぶりの総合優勝を果たした。ライバルたちと比べて最も小さな排気量ながら効率性に優れた『919ハイブリッド』での勝利は、ポルシェのライトサイジングコンセプトやターボテクノロジーがいかに優れているかの証」とも付け加えた。

その上で「のちに911の歴史を振り返った時に、エンジンのライトサイジングおよびターボ化は1997年のエンジン水冷化と同等か、あるいはそれ以上の大きなマイルストーンといわれるだろう」と述べた。
《小松哲也》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品