【ハーレー ファットボーイS 試乗】1.8リットルエンジンならではの強烈な加速…青木タカオ

モーターサイクル 新型車

1801cc空冷Vツインエンジンを搭載するファットボーイS
  • 1801cc空冷Vツインエンジンを搭載するファットボーイS
  • 1801cc空冷Vツインエンジンを搭載するファットボーイS
  • 1801cc空冷Vツインエンジンを搭載するファットボーイS
  • 1801cc空冷Vツインエンジンを搭載するファットボーイS
  • 1801cc空冷Vツインエンジンを搭載するファットボーイS
  • 1801cc空冷Vツインエンジンを搭載するファットボーイS
  • 1801cc空冷Vツインエンジンを搭載するファットボーイS
  • 1801cc空冷Vツインエンジンを搭載するファットボーイS
1990年にデビューして以来、ロングセラーモデルとなっている『ファットボーイ』。2016年モデルでは、排気量1801ccの上級バージョン『ファットボーイS』が発売された。

ディッシュホイールやワイドフェンダー、太いインチバーやリヤタイヤなど、その装備はファットボーイならではのもの。車体はブラックアウトされたダークカスタム仕様で、前後サスがローダウンされ、ロー&ロングの精悍なフォルムが際立っている。

跨ってみると、相変わらず足つき性が良い。シート高はわずか670mm、乗り手の体格を選ばない。

Sシリーズならではの油圧クラッチを繋ぐと、空冷Vツインは低速から力強い。ローギヤを使うのは発進時のみで、すぐにシフトをポンポン上げていきたくなる。街乗りを流すだけなら2000rpmほどで充分。さすがは1.8リットルエンジン、なんとトルクフルなことか。

高速道路に上がって、クルマの流れにのってみると、まだまだいくらでも行けるといった感じ。標準のファットボーイは16年式から排気量を1689ccに拡大しているが、それ以上に楽チン。トップギヤ6速、わずか2200rpmほどで100km/hをキープしてしまう。

エンジンを引っ張り上げる必要などないが、アクセルをワイドオープンすれば猛然と加速するから面白い。レブリミッターに当たるところまでジワジワと速度を上げていくが、ウインドプロテクションが何もないのでカラダがキツイ。Sシリーズの特典であるオートクルーズコントロールをセットし、ノンビリ走るのがいい。

■5つ星評価
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★
コンフォート:★★★
足着き:★★★★★
オススメ度:★★★★

青木タカオ|モーターサイクルジャーナリスト
バイク専門誌編集部員を経て、二輪ジャーナリストに転身。国内外のモーターサイクルカルチャーに精通しており、取材経験はアメリカやヨーロッパはもちろん、アフリカや東南アジアにまで及ぶ。自らのMXレース活動や豊富な海外ツーリングで得たノウハウをもとに、独自の視点でオートバイを解説している。現在多くのバイク専門誌、一般誌、WEB媒体で活動中。
《青木タカオ》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モーターサイクル アクセスランキング

  1. バイクETC車載器助成、可能台数のカウンター表示を取りやめ…NEXCO

    バイクETC車載器助成、可能台数のカウンター表示を取りやめ…NEXCO

  2. 電動スクーター バイクル L6 発売、低シート高の軽量モデル

    電動スクーター バイクル L6 発売、低シート高の軽量モデル

  3. 二輪車輸出実績、欧州向けが2か月連続で4割増…5月

    二輪車輸出実績、欧州向けが2か月連続で4割増…5月

  4. 【東京モーターショー15】スズキ、スクーター版「ハスラー」を世界初公開

  5. 二輪車国内生産、内需減少で4か月ぶりのマイナス…5月

  6. 川崎重工、モーターサイクル&エンジンカンパニーに「効率化推進部」を新設

  7. カワサキ Ninja H2R、斬新かつ機能的デザインで「発明賞」

  8. カワサキ W800、生産終了へ…ファイナルエディション発売

  9. 【人とくるまのテクノロジー16】アウトバーンも難なく! ヤマハ MT-10 本邦初公開

  10. ヤマハ発動機、2017年度採用計画は245人…4年ぶりの減少

アクセスランキングをもっと見る