【ハーレー ファットボーイS 試乗】1.8リットルエンジンならではの強烈な加速…青木タカオ

モーターサイクル 新型車

1801cc空冷Vツインエンジンを搭載するファットボーイS
  • 1801cc空冷Vツインエンジンを搭載するファットボーイS
  • 1801cc空冷Vツインエンジンを搭載するファットボーイS
  • 1801cc空冷Vツインエンジンを搭載するファットボーイS
  • 1801cc空冷Vツインエンジンを搭載するファットボーイS
  • 1801cc空冷Vツインエンジンを搭載するファットボーイS
  • 1801cc空冷Vツインエンジンを搭載するファットボーイS
  • 1801cc空冷Vツインエンジンを搭載するファットボーイS
  • 1801cc空冷Vツインエンジンを搭載するファットボーイS
1990年にデビューして以来、ロングセラーモデルとなっている『ファットボーイ』。2016年モデルでは、排気量1801ccの上級バージョン『ファットボーイS』が発売された。

ディッシュホイールやワイドフェンダー、太いインチバーやリヤタイヤなど、その装備はファットボーイならではのもの。車体はブラックアウトされたダークカスタム仕様で、前後サスがローダウンされ、ロー&ロングの精悍なフォルムが際立っている。

跨ってみると、相変わらず足つき性が良い。シート高はわずか670mm、乗り手の体格を選ばない。

Sシリーズならではの油圧クラッチを繋ぐと、空冷Vツインは低速から力強い。ローギヤを使うのは発進時のみで、すぐにシフトをポンポン上げていきたくなる。街乗りを流すだけなら2000rpmほどで充分。さすがは1.8リットルエンジン、なんとトルクフルなことか。

高速道路に上がって、クルマの流れにのってみると、まだまだいくらでも行けるといった感じ。標準のファットボーイは16年式から排気量を1689ccに拡大しているが、それ以上に楽チン。トップギヤ6速、わずか2200rpmほどで100km/hをキープしてしまう。

エンジンを引っ張り上げる必要などないが、アクセルをワイドオープンすれば猛然と加速するから面白い。レブリミッターに当たるところまでジワジワと速度を上げていくが、ウインドプロテクションが何もないのでカラダがキツイ。Sシリーズの特典であるオートクルーズコントロールをセットし、ノンビリ走るのがいい。

■5つ星評価
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★
コンフォート:★★★
足着き:★★★★★
オススメ度:★★★★

青木タカオ|モーターサイクルジャーナリスト
バイク専門誌編集部員を経て、二輪ジャーナリストに転身。国内外のモーターサイクルカルチャーに精通しており、取材経験はアメリカやヨーロッパはもちろん、アフリカや東南アジアにまで及ぶ。自らのMXレース活動や豊富な海外ツーリングで得たノウハウをもとに、独自の視点でオートバイを解説している。現在多くのバイク専門誌、一般誌、WEB媒体で活動中。
《青木タカオ》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モーターサイクル アクセスランキング

  1. 二輪車向け世界初「サイドビューアシスト」、初めての搭載はマキシ・スクーターから...ボッシュ

    二輪車向け世界初「サイドビューアシスト」、初めての搭載はマキシ・スクーターから...ボッシュ

  2. ヤマハ発動機、三輪コミューター第2弾 トリシティ155 を発売

    ヤマハ発動機、三輪コミューター第2弾 トリシティ155 を発売

  3. ヤマハ XSR900 発売、レトロスタイルの新型ロードスポーツ

    ヤマハ XSR900 発売、レトロスタイルの新型ロードスポーツ

  4. KTM、ストリートユーザー向けファンイベントを筑波で開催…7月17日

  5. カスタマーにワオ!届けたい…本邦初公開のハーレー ロードスター で“熱い夜”を体験

  6. モトグッツィ、V9ボバー を日本導入…先行受注を開始

  7. 富士山麓がハーレーで埋め尽くされた1日…ブルースカイヘブン

  8. 「ハーレーは“イケてる女”」UFCファイターの石原“夜叉坊”暉仁&スワンソン選手、新型発表会に乱入!?

  9. 【人くるまのテクノロジー16】エリーパワー、二輪車の始動用バッテリーケースに東レの樹脂を採用

  10. ハーフカウル装備のスズキ GSR250S、カラーリングを変更

アクセスランキングをもっと見る