大井川鐵道、3月改正で日中1往復増発…「空白時間」を短縮

鉄道 企業動向

大井川鐵道は3月のダイヤ改正で昼間に普通列車を1往復増やす。写真は普通列車で運用されている旧南海車の21001系電車。
  • 大井川鐵道は3月のダイヤ改正で昼間に普通列車を1往復増やす。写真は普通列車で運用されている旧南海車の21001系電車。
  • 大井川鐵道は3月のダイヤ改正で昼間に普通列車を1往復増やす。写真は普通列車で運用されている旧近鉄車の16000系電車。
大井川鐵道は3月12日、金谷(静岡県島田市)~千頭(川根本町)間を結ぶ大井川本線のダイヤ改正を行う。昼間に普通列車を1往復増やし、列車の「空白時間」を改善する。

同社が2月22日に発表したところによると、金谷12時19分発~千頭13時31分着の下り1本と、千頭10時49分発~金谷12時10分着の上り1本を、ダイヤ改正にあわせて新設する。

現在のダイヤでは、下りが金谷発11時04分から15時09分まで約4時間、普通列車が運行されていない。今回の増発で11時04分発の次の列車は1時間15分後になり、増発される12時19分発の次の列車も2時間50分後と、空白時間が短くなる。

上りは千頭発9時30分から12時45分までの間に1本増発されるため、空白時間は現在の3時間15分から1時間19分・1時間56分に短縮される。

大井川鐵道は経営の悪化を受け、ホテル再生事業を手掛けるエクリプス日高(北海道新ひだか町)が新たなスポンサーとなり、2015年9月から新しい経営体制に移行。これに伴い発足した社内プロジェクトの活動により、増発が決まった。

同社は空白時間の改善により「地域公共交通そして観光路線としてご利用客の利便性向上を図る」とし、今後も最適な運行ダイヤを検討していくという。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

鉄道 アクセスランキング

  1. 新型新幹線 N700S、「進化」から「最高」へ…世界最軽量・低コスト・編成自由

    新型新幹線 N700S、「進化」から「最高」へ…世界最軽量・低コスト・編成自由

  2. エヴァ新幹線、7月から再び運行へ…山陽新幹線「500 TYPE EVA」

    エヴァ新幹線、7月から再び運行へ…山陽新幹線「500 TYPE EVA」

  3. JR西日本の阪和線用225系改良車、7月から運転開始

    JR西日本の阪和線用225系改良車、7月から運転開始

  4. 伊豆急行の「新たな列車」、来年登場へ

  5. 駅があった場所に造られた「駅」…北海道の廃線跡にできた民宿を訪ねてみた

  6. 東武鉄道、松原団地駅を「獨協大学前」に改称へ…副名は「草加松原」

  7. 札幌市営地下鉄東豊線の7000形がラストラン…6月25日

  8. 運輸審議会、宇都宮LRT計画で公聴会の開催を決定…7月26日

  9. 西武鉄道と秩父鉄道、西武秩父発のSL列車再び運転…7・8月の2日間

  10. 東急電鉄など、初の座席指定列車を西武車で運転…来春から

アクセスランキングをもっと見る