圏央道・神崎IC~大栄JCT開通、観光面や一般道の事故減少などに効果

自動車 社会 社会

茨城県へのインバウンド観光が増加
  • 茨城県へのインバウンド観光が増加
  • 交通事故の変化
  • 成田警察署管内の急ブレーキ件数や交通事故の変化
  • 成田空港へのトラック輸送の変化
  • 通行止めの概要
  • 通行止め時の変化
  • 今回の開通の位置図
常磐道~東関東道がつながった圏央道のストック効果について、国土交通省とNEXCO東日本が発表。主に4種類のストック効果があった。

圏央道の開通による成田空港からのアクセスが向上したと茨城県がPRした。それにより、成田空港から水戸を経由するバスツアーを年間2本から年間40本も増加し旅行会社も現れた。県周遊ツアー数は前年度の2.8倍も増加。外国人宿泊数が一昨年全国34位から昨年は30位になった。県では、圏央道がインバウンド観光を後押ししたとし、今後もインバウンド観光推進の方策を検討中。

圏央道に交通が転換したことで、一般道の走行がスムーズとなり、急ブレーキの発生割合が減少した。成田警察署管内の一般道の交通事故発生件数が前年比約4%減少している。

1台のトラックが1日のうちに複数の拠点への輸送が可能になるなど、トラックの稼働率が向上。結果的に企業の生産性向上につながった。トラックの稼働率が向上したことで、ドライバーの拘束時間の減少が見込めるなど、労働環境の改善にも期待されている。

常盤の通行止め時に、つくば~箱崎間の迂回機能を圏央道・東関東道で発揮。迂回により圏央道の交通量が約8割が増加した。

今年度中には、東名道と東関東道が圏央道でつながり、さらに様々なストック効果が期待できると、国道交通省やNEXCO東日本は説明している。
《編集部》

関連ニュース

特集

おすすめの商品

自動車 社会 アクセスランキング

  1. 「ポケモンGO」が原因の死亡事故で2人死亡

    「ポケモンGO」が原因の死亡事故で2人死亡

  2. トンネル内で正面衝突、乗用車運転の89歳が死亡

    トンネル内で正面衝突、乗用車運転の89歳が死亡

  3. 対向車2台と次々に接触や衝突、乗用車運転の79歳が死亡

    対向車2台と次々に接触や衝突、乗用車運転の79歳が死亡

  4. 負傷したネコの保護を行っていた警官がひき逃げされて重傷

  5. 信号待ち中に車道へ飛び出した女児、ひき逃げされ重傷

  6. トヨタ カローラ の耐久性、ここに極まる?!…パキスタンで実証[動画]

  7. 9月1日は防災の日…東京都内100か所で交通規制を実施 警視庁

  8. 歩道進入で5人に重軽傷を負わせた男、危険運転致傷罪で起訴

  9. ETC2.0最大50%割引など貨物・旅客への支援厚く...国交省二次補正、自動車関連など

  10. 鉄道乗換え時間ピーク時とオフピーク時の差、首都圏は1.0分と三大都市圏で最大…大都市交通センサス調査

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら