人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

圏央道・神崎IC~大栄JCT開通、観光面や一般道の事故減少などに効果

自動車 社会 社会

常磐道~東関東道がつながった圏央道のストック効果について、国土交通省とNEXCO東日本が発表。主に4種類のストック効果があった。

圏央道の開通による成田空港からのアクセスが向上したと茨城県がPRした。それにより、成田空港から水戸を経由するバスツアーを年間2本から年間40本も増加し旅行会社も現れた。県周遊ツアー数は前年度の2.8倍も増加。外国人宿泊数が一昨年全国34位から昨年は30位になった。県では、圏央道がインバウンド観光を後押ししたとし、今後もインバウンド観光推進の方策を検討中。

圏央道に交通が転換したことで、一般道の走行がスムーズとなり、急ブレーキの発生割合が減少した。成田警察署管内の一般道の交通事故発生件数が前年比約4%減少している。

1台のトラックが1日のうちに複数の拠点への輸送が可能になるなど、トラックの稼働率が向上。結果的に企業の生産性向上につながった。トラックの稼働率が向上したことで、ドライバーの拘束時間の減少が見込めるなど、労働環境の改善にも期待されている。

常盤の通行止め時に、つくば~箱崎間の迂回機能を圏央道・東関東道で発揮。迂回により圏央道の交通量が約8割が増加した。

今年度中には、東名道と東関東道が圏央道でつながり、さらに様々なストック効果が期待できると、国道交通省やNEXCO東日本は説明している。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 社会 アクセスランキング

  1. トヨタ カローラ の耐久性、ここに極まる?!…パキスタンで実証[動画]

    トヨタ カローラ の耐久性、ここに極まる?!…パキスタンで実証[動画]

  2. 『ETC2.0』とは…次世代ETCが目指す未来の道路交通

    『ETC2.0』とは…次世代ETCが目指す未来の道路交通

  3. 『ETC 2.0』普及へ前進、経路別の料金優遇などサービス具体化へ

    『ETC 2.0』普及へ前進、経路別の料金優遇などサービス具体化へ

  4. 国交省、ディーゼル重量車と二輪車の排出ガス規制を強化

  5. 高速道路の本線を歩いていた女性、トラック4台にはねられ即死

  6. 高速道路を逆走の乗用車が大型トラックと正面衝突、2人死傷

  7. 同方向に走行していた自転車と原付バイクが衝突、双方が重傷

  8. 走行460万kmのメルセデスベンツ!! 博物館に寄贈

  9. 自転車のピクトグラムや路面表示の仕様を標準化---安全な利用環境

  10. 新東名高速で初の逆走、84歳男性を保護

アクセスランキングをもっと見る