北大阪急行電鉄の8000形8001編成、3月8日限り引退…ヘッドマーク掲出

鉄道 企業動向

3月8日限りで引退する8000形8001号編成。
  • 3月8日限りで引退する8000形8001号編成。
  • 8000形8001号編成の運行終了まで掲出される「8001 LASTRUN」ヘッドマーク。
江坂(大阪府吹田市)~千里中央(豊中市)間5.9kmの南北線を運営している北大阪急行電鉄はは2月22日、「POLESTAR」の愛称で親しまれてきた8000形8001編成が3月8日限りで引退すると発表した。

8000形は1986年から導入されたアルナ工機製の通勤形電車で、北大阪急行電鉄の開業当初から運用されていた2000形の置換え用として登場。VVVFインバータ制御や回生ブレーキなど、当時としては斬新な装備を備え、1987年には鉄道友の会から「ローレル賞」を受賞している。最盛期には9両編成が9本あったが、2014年4月に9000形が登場してから廃車が始まり、2015年時点で10両編成5本が残るのみとなっていたが、今回、最初に登場した8001編成が引退することになった。

この引退にちなみ、3月8日まで「8001 LAST RUN」のヘッドマークが掲出されるほか、3月19・20日に万博記念公園(大阪府吹田市)で開催される「万博鉄道まつり」ではヘッドマークと同じデザインのミニチュアマグネットが発売される。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品