【ジュネーブモーターショー16】ケーニグセグ レゲーラ、量産型を初公開へ…PHVスーパーカー

自動車 ニューモデル 新型車

ケーニグセグ レゲーラ
  • ケーニグセグ レゲーラ
  • ケーニグセグ レゲーラ
  • ケーニグセグ レゲーラ
  • ケーニグセグ レゲーラ
  • ケーニグセグ レゲーラ
  • ケーニグセグ レゲーラ
  • ケーニグセグ レゲーラ
スウェーデンのスーパーカーメーカー、ケーニグセグ(Koenigsegg)社は2月17日、スイスで3月に開催されるジュネーブモーターショー16において、新型スーパーカーの『レゲーラ』の量産モデルを初公開すると発表した。

レゲーラは1年前のジュネーブモーターショー14に、コンセプトカーとして出品。同社最強の『アゲーラOne:1』と同じく、「メガ・カー」として登場した。メガ・カーとは、最大出力が1メガワット(1000kW=1360ps)になることを意味する。

ただし、レゲーラの手法は、アゲーラOne:1とは異なる。ケーニグセグが新開発した、プラグインハイブリッド(PHV)パワートレインによって、強大なパワーを獲得している。

ミッドシップに搭載されるエンジンは、5.0リットルV型8気筒ガソリンツインターボ。最大出力1100hp、最大トルク127.5kgmを発生する。モーターは合計3個。後輪左右用に各1個、残るひとつは、エンジンのクランク部分にレイアウト。このモーターが、低回転域のエンジントルク不足を補い、エンジンスターターとしても機能する。

レゲーラは、エンジンとモーターを合わせたシステム全体で、最大出力1500hp以上、最大トルク204kgm以上を獲得。ケーニグセグによると、0‐400km/hは20秒以下、150‐250km/h加速は約3.2秒の性能を可能にしているという。

ジュネーブモーターショー16では、このレゲーラの量産モデルが初公開される予定。ケーニグセグは、「ジュネーブモーターショー15以降、1年をかけて開発を進め、約3000か所の変更を施した」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【スバル インプレッサ 新型】先行予約開始、国産初の歩行者保護エアバッグを装備

    【スバル インプレッサ 新型】先行予約開始、国産初の歩行者保護エアバッグを装備

  2. ホンダ シビック ハッチ 新型、量産第一号車を出荷…英国から米国へ

    ホンダ シビック ハッチ 新型、量産第一号車を出荷…英国から米国へ

  3. トヨタ、新型軽乗用車 ピクシス ジョイ を発売…個性の異なる3グレード

    トヨタ、新型軽乗用車 ピクシス ジョイ を発売…個性の異なる3グレード

  4. ファーストクラス並み!? メルセデスの超豪華バンがさらに進化

  5. 911GT3 を凌駕!? コルベット 史上最速の「ZR1」を捉えた

  6. メルセデスベンツ Sクラス、大幅改良&フェイスリフト 2017年

  7. VW ゴルフ 改良新型、今度は ヴァリアント の画像リーク

  8. ステップ ワゴン モデューロX、公式サイトで先行公開…コンプリートカスタム第3弾

  9. フィスカー カルマ 改め カルマ レヴェーロ の画像を公開…PHVスポーツ

  10. 【モスクワモーターショー16】ラーダの主力セダン、 ベスタ にリムジン…200mm長い

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら