バス火災の半数は「点検整備不十分」が原因…国交省、事故防止の徹底通達

自動車 社会 行政

事業用バスの火災発生状況
  • 事業用バスの火災発生状況
国土交通省は、バス事業者に対して事業用バスの火災事故防止の徹底を通達した。

国交省では、2011年から2014年に発生したバス火災事故58件について、出火原因を分析したところ、「点検整備不十分」が25件、「整備作業ミス」が11件が全体の約6割を占めており、点検整備の徹底していれば、事故を防げたことが明らかになった。

バス火災事故発生の防止を図るため、今回の分析結果で、出火に至る状況として多くを占める電気配線ショートや燃料漏れなどを発生させないよう定期交換部品の確実な交換、自動車部品の確実な取付けなど、適切、確実な点検整備の実施をバス事業者に対して要請した。

バス業界団体に対して事業用自動車の車両火災事故防止に向けた保守管理の徹底、バスのスプリング式補助ブレーキを備えた車両の火災事故防止徹底を会員事業者に指導するよう求めた。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 社会 アクセスランキング

  1. その規制標識は本物か?...滋賀県警、県内の全標識確認へ

    その規制標識は本物か?...滋賀県警、県内の全標識確認へ

  2. 国連、車両の相互承認制度について日本提案で合意

    国連、車両の相互承認制度について日本提案で合意

  3. 国道57号の復旧ルートを仮設定…地域住民に提示

    国道57号の復旧ルートを仮設定…地域住民に提示

  4. 郵便局員のバイクと正面衝突、車両放置して逃走の男を逮捕

  5. 南阿蘇村・国道57号復旧、新たに長大トンネル掘削---計画概要

  6. 経年車の税軽減へ…自動車文化を考える議員連盟、発足

  7. 俵山トンネルの補修工事に着手…熊本地震で通行不能

  8. 踏切で立ち往生していた軽トラック、貨物列車と衝突

  9. 水素ステーション普及のためJIS改正…使用温度を120度に拡大

  10. カードでも“おもてなし” レクサスカードの上質サービス

アクセスランキングをもっと見る