【スズキ イグニス 試乗】軽快だが走りと実用性やや粗削り? なFFモデル…島崎七生人 | レスポンス(Response.jp)

【スズキ イグニス 試乗】軽快だが走りと実用性やや粗削り? なFFモデル…島崎七生人

試乗記 国産車

スズキ イグニス(FFモデル)
  • スズキ イグニス(FFモデル)
  • スズキ イグニス(FFモデル)
  • スズキ イグニス(FFモデル)
  • スズキ イグニス(FFモデル)
  • スズキ イグニス(FFモデル)
  • スズキ イグニス(FFモデル)
  • スズキ イグニス(FFモデル)
  • スズキ イグニス(FFモデル)
FFモデルは4WDより車重が40kg軽く、燃費も最良で28.8km/リットル(4WDは25.4km/リットル)と有利だ。最小回転半径4.7mと取り回し性がいいし、見晴らしのいい視界、立っているAピラーなど、運転自体もしやすい。

が、4WD車と較べると、やや差を感じた。とくに乗り味は、4WD車のようなシトッ! とフラットでなめらかな感触が薄い。タイヤも4WDとメイク、サイズ同じだったが、ロードノイズの立ちかたが少し大きめ。ステアリングも中立付近の感触とセンターのスワリがもうひと息ほしい。

エンジンも4WD車よりも音・振動が増えるようにも思った。モーターのアシストを得ながらのパフォーマンス自体は、車重が軽い分、より快活な反応を示す。

それと実用性。室内空間は十分なのだが、後席ドアがデザイン重視で開口部の“上”が低く、窓も天地が小さめ。シートも座面が高いがクッションが前後に短く、その上に座り、顔より低い窓から外を覗く姿勢に。このあたりは4WDも同じで、実用車としてやや粗削りでは?と感じた部分。インパネ中央のトグルスイッチの感触は上質だが、インパネ、ドアトリム等の大きな樹脂部分は、もう1ランク上質な仕上げでもいい。

ただし2WD車は掘り込まれた深いサブトランクを備え、ここは文句なしで実用的。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★
オススメ度:★★★★


島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年よりフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。
《島崎七生人》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品