【スズキ イグニス 試乗】4WD車はなめらかで安心感のある乗り味…島崎七生人

試乗記 国産車

スズキ イグニス(4WDモデル)
  • スズキ イグニス(4WDモデル)
  • スズキ イグニス(4WDモデル)
  • スズキ イグニス(4WDモデル)
  • スズキ イグニス(4WDモデル)
  • スズキ イグニス(4WDモデル)
  • スズキ イグニス(4WDモデル)
  • スズキ イグニス(4WDモデル)
  • スズキ イグニス(4WDモデル)
小粒だが見応えのある外観。過去のスズキ車のデザイン要素を少々引用し過ぎ(Cピラーの造形程度でも十分?)な感なくはないが、ヤル気を感じる溌剌とした姿は、確かに乗ると元気がもらえそう…でもある。

試乗車は4WDモデル。走りがよかった。先行の『ソリオ』からの新プラットフォームだが、乗って、走り出した瞬間から、なめらかでフラットな乗り味でいい。FFモデルより車重40kgプラス分が、足とタイヤのバタつきや突き上げを抑え、不快な振動や共振を“中和”させているようにも感じた。ステアリングは、直進に戻る直前に舵が抜けたようにスッと戻る感触が僅かに。が、90度以上切り込んでいくあたりの自然な感触はいい。

1.2リットルエンジンは軽やかに回る。回転が高まってもノイズ、バイブレーションは小さく、搭載位置が遠く低く思えるほど。モーターのアシストはエンジンの負担を減らしている…そんな感じだ。

180mmの最低地上高はオフロードに限らず、街中のちょっとした段差でも心強いかもしれない。コンパクトで扱いやすく、安心感のある乗り味だから、ベテランユーザーの(年配のご夫婦の)日常の足にも適していそうだ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★


島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年よりフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。
《島崎七生人》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

試乗記 アクセスランキング

  1. 【ホンダ フィットHV 3700km試乗 前編】道を選ばない走破力とパンチのあるエンジン…井元康一郎

    【ホンダ フィットHV 3700km試乗 前編】道を選ばない走破力とパンチのあるエンジン…井元康一郎

  2. 【ジャガー F-PACE 試乗】ウソのようだけれど、本当にスポーツカーだった!…鈴木ケンイチ

    【ジャガー F-PACE 試乗】ウソのようだけれど、本当にスポーツカーだった!…鈴木ケンイチ

  3. 【ホンダ ジェイドRS 800km試乗 後編】ニッチ過ぎる立ち位置、ライバルは「レヴォーグ」か…井元康一郎

    【ホンダ ジェイドRS 800km試乗 後編】ニッチ過ぎる立ち位置、ライバルは「レヴォーグ」か…井元康一郎

  4. 【マツダ CX-3 試乗】すでに購入してしまった人に、マツダの代わりに謝りたい…岩貞るみこ

  5. 【ホンダ ジェイドRS 800km試乗 前編】人馬一体を感じさせる足回り、ハイブリッドとの違い顕著に…井元康一郎

  6. 【BMW 330e 試乗】PHV、その走り方の極意を発見か?…中村孝仁

  7. 【ボルボ V40 試乗】数値にあらわれないブラッシュアップを感じる…中村孝仁

  8. 【スズキ バレーノ 試乗】インド製であることよりも「日本軽視」が問題…松下宏

  9. 【マツダ アクセラ 3200km試乗 後編】“萌え要素”があれば、まだまだ面白くなる…井元康一郎

  10. 【日産 GT-R 2017モデル 試乗】開発陣の思いでこうも変化するものか…桂伸一

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら