富士山を挟む鉄道2社、共同で記念切符を発売…2月23日から | レスポンス(Response.jp)

富士山を挟む鉄道2社、共同で記念切符を発売…2月23日から

鉄道 企業動向

富士急行と岳南電車が共同で発売する「富士山の日記念切符」のイメージ(中面)。
  • 富士急行と岳南電車が共同で発売する「富士山の日記念切符」のイメージ(中面)。
  • 富士急行と岳南電車が共同で発売する「富士山の日記念切符」のイメージ(外面)。
富士急行(山梨県)と岳南電車(静岡県)の2社は2月19日、「富士山の日記念切符」を共同で発売すると発表した。語呂合わせで「富士山の日」とされている2月23日から発売される。2社のコラボレーション企画は今回が初めてという。

二つ折りの記念切符で、中面には富士山駅(富士急行)と岳南富士岡駅(岳南電車)の駅名が記載された、富士山型の入場券が付く。発売額は320円で、各社500部限定。富士急行は富士山駅、岳南電車は吉原・吉原本町・岳南原田・岳南富士岡の各駅で発売する。

富士急行は富士北麓で「富士山に一番近い鉄道」とされる富士急行線を運営。岳南電車は富士山の南側を走る鉄道路線を運営しており、全ての駅から富士山を望むことができるという。富士急行は岳南電車の親会社である岳南鉄道の株式を約2割保有している。
《草町義和》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品