トミーカイラZZ、量産開始記念で特別展示…3月21日~4月3日

エコカー EV

トミーカイラZZ
  • トミーカイラZZ
  • トミーカイラ ZZ
  • トミーカイラZZ
GLMは、国産EVスポーツカー『トミーカイラZZ』の量産を2015年12月より開始。同社では、3月21日から4月3日まで、京都府舞鶴市の赤れんがパークで「量産開始記念展示」を実施する。

記念展示では、トミーカイラZZ実車の展示および試乗会のほか、プラットフォームの一般公開を行う。

トミーカイラZZは、約20年前に京都が産んだ伝説のスポーツカー「トミーカイラZZ」のコンセプトを引き継ぎ、GLMが車体・パワートレイン等、すべてを新規設計。0-100km/h 3.9秒というEVならではの圧倒的な加速力と850kgの軽量ボディがもたらすダイレクトなハンドリングは、国内外から大きな関心が寄せられている。価格(税別)800万円、CEV補助金の対象車種で、最大85万円の補助も受けられる。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

エコカー アクセスランキング

  1. 中国ブリリアンス、ドイツ衝突安全テストに「失格」

    中国ブリリアンス、ドイツ衝突安全テストに「失格」

  2. 【ボルボ D4 e燃費チャレンジ】高速巡航から山岳路まで250km走破、最高燃費は20.8km/リットル

    【ボルボ D4 e燃費チャレンジ】高速巡航から山岳路まで250km走破、最高燃費は20.8km/リットル

  3. 【トヨタ プリウスPHV】本当にお得なのか?…津々見友彦

    【トヨタ プリウスPHV】本当にお得なのか?…津々見友彦

  4. 輸入車×ディーゼルの実燃費ランキング、ボルボ V40 D4がトップ…e燃費調べ

  5. 【人とくるまのテクノロジー16】走行距離延長・省電力に貢献、EVの熱循環をマネジメント…ボッシュ

  6. 「緊急車両、通過します」では足りない? 事故を起こした消防本部に賠償命令

  7. 【プリウスPHV 3か月検証】EV走行比率は32%! 3か月間で約5300円の電気代

  8. BMW i8、コンチネンタル製ターボの搭載が明らかに

  9. プリウスPHV 超える燃費! BMW 3シリーズ 次期型は「50km/リットル」

  10. 実燃費ランキング、トップは23.3km/Lの グレイス…e燃費調べ

アクセスランキングをもっと見る