トヨタ RAV4 、米国でリコール112万台…シートベルトの不具合

自動車 ビジネス 海外マーケット

トヨタRAV4
  • トヨタRAV4
  • トヨタ RAV4 EV
トヨタ自動車が2月18日、日本国内で届け出た『RAV4』など、後部座席金属フレームの不具合によるリコール(回収・無償修理)。このリコールが、米国に拡大した。

今回のリコールは、後部座席の金属製フレームの形状が不適切なのが要因。事故時の衝撃によって、フレームとシートベルトが干渉する場合がある。そのため、シートベルトが損傷して、乗員を拘束できなくなる恐れがある。

日本国内でリコールの対象となるのは、RAV4と『ヴァンガード』の2車種。2005年10月26日から2016年1月30日に製造された合計17万6819台が、リコールに該当する。

トヨタの米国法人、米国トヨタ販売は、米国でも同様のリコールを行うと発表。米国では、2006‐2012年モデルのRAV4と、2012-2014年モデルの『RAV4 EV』、合計約112万4000台がリコールの対象になる。

米国トヨタ販売は、対象車を保有する顧客に連絡。販売店において、金属製フレームに樹脂製カバーを取り付けるリコール作業を実施する。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. マヒンドラのSUV、最低のゼロ評価…グローバルNCAP

    マヒンドラのSUV、最低のゼロ評価…グローバルNCAP

  2. ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

    ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

  3. 自然に溶け込むアウトドア用品…ドッペルギャンガーのナチュラルシリーズ

    自然に溶け込むアウトドア用品…ドッペルギャンガーのナチュラルシリーズ

  4. トヨタ ヴィッツ、米国でリコール…サスペンションに不具合

  5. 【ハーマン オートモーティブ】未来のクルマに入り込む、世界最大級のオーディオブランド

  6. 【カーグッズ】耐久性に注目「本格コーティング剤」でボディケア

  7. FCA US、タカタ製エアバッグで追加リコール…約430万台

  8. 伊マニエッティ、上海市に中国新本社ビルを開設

  9. ウェザーニューズ、今年の梅雨の天気傾向を発表…九州は例年より大雨の予想

  10. 【R-M ベストペインターコンテスト16】7試 8心技…現場で鍛えた腕とリズムで“色を塗る”

アクセスランキングをもっと見る