【ジュネーブモーターショー16】ベントレー、フライングスパー V8に「S」…528馬力ツインターボ

自動車 ニューモデル 新型車

ベントレー フライングスパー V8 S
  • ベントレー フライングスパー V8 S
  • ベントレー フライングスパー V8 S
  • ベントレー フライングスパー V8 S
  • ベントレー フライングスパー V8 S
英国の高級車メーカー、ベントレーは2月17日、『フライングスパー V8 S』の概要を明らかにした。実車は3月、スイスで開催されるジュネーブモーターショー16でワールドプレミアされる。

現行『フライングスパー』は2013年3月、先代の『コンチネンタル フライングスパー』の後継車として、ジュネーブモーターショー13でデビュー。最速かつ最もパワフルな4ドアベントレーが、フライングスパー。

2014年3月、ジュネーブモーターショー14では、『フライングスパー V8』を発表。シリーズ初のV型8気筒ガソリンエンジン搭載車。W12気筒モデルよりも価格を抑え、さらなる顧客層の拡大を図ってきた。

ジュネーブモーターショー16で初公開されるフライングスパー V8 Sは、フライングスパー V8の上に位置する高性能グレード。直噴4.0リットルV型8気筒ガソリンツインターボエンジンを、強化して搭載する。

フライングスパー V8 は、最大出力507ps、最大トルク67.3kgm。これに対して、フライングスパー V8 Sは、最大出力528ps、最大トルク69.3kgm。パワーは21ps、トルクは2kgm上乗せされた。

この結果、フライングスパー V8 Sは、0‐100km/h加速4.9 秒、最高速306km/hの優れたパフォーマンスを実現。フライングスパー V8よりも、0‐100km/h加速は0.3秒短縮。最高速は11km/h上回る。

フライングスパー V8 Sでは、強化されたエンジンに合わせて、サスペンションを再チューン。ブラックのフロントグリルや、リアのディフューザーなどが専用装備されている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【スバル インプレッサ 新型】ヘキサゴンとコの字の組み合わせは今後のスバルの顔

    【スバル インプレッサ 新型】ヘキサゴンとコの字の組み合わせは今後のスバルの顔

  2. 【日産 セレナ 新型】星野専務「予約好調、ロケットスタート切る」 8月24日発売

    【日産 セレナ 新型】星野専務「予約好調、ロケットスタート切る」 8月24日発売

  3. 【スバル インプレッサ 新型】専用サイトで国内仕様を公開…歩行者保護エアバッグを初装備

    【スバル インプレッサ 新型】専用サイトで国内仕様を公開…歩行者保護エアバッグを初装備

  4. アルピナ版 5シリーズ ツーリング「B5」早くも目撃

  5. 【メルセデスベンツ Eクラス 新型】上野社長「新世代のスタンダードに」

  6. 【メルセデス Eクラス 新型】ドライブパイロット初搭載、高速渋滞時の自動運転を実現

  7. BMW M5、現行型に最終モデル…5年の歴史に幕

  8. ホンダ NSX 新型、環境性能でフェラーリ/マクラーレン凌駕

  9. 【日産 セレナ 新型】9月発売予定のプロトタイプ、詳細を撮影[写真蔵]

  10. 【スバル インプレッサ 新型】すべてが必然のデザイン…フロントに生きる「栄・誉エンジン」

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら