【ジュネーブモーターショー16】ベントレー、フライングスパー V8に「S」…528馬力ツインターボ

自動車 ニューモデル 新型車

ベントレー フライングスパー V8 S
  • ベントレー フライングスパー V8 S
  • ベントレー フライングスパー V8 S
  • ベントレー フライングスパー V8 S
  • ベントレー フライングスパー V8 S
英国の高級車メーカー、ベントレーは2月17日、『フライングスパー V8 S』の概要を明らかにした。実車は3月、スイスで開催されるジュネーブモーターショー16でワールドプレミアされる。

現行『フライングスパー』は2013年3月、先代の『コンチネンタル フライングスパー』の後継車として、ジュネーブモーターショー13でデビュー。最速かつ最もパワフルな4ドアベントレーが、フライングスパー。

2014年3月、ジュネーブモーターショー14では、『フライングスパー V8』を発表。シリーズ初のV型8気筒ガソリンエンジン搭載車。W12気筒モデルよりも価格を抑え、さらなる顧客層の拡大を図ってきた。

ジュネーブモーターショー16で初公開されるフライングスパー V8 Sは、フライングスパー V8の上に位置する高性能グレード。直噴4.0リットルV型8気筒ガソリンツインターボエンジンを、強化して搭載する。

フライングスパー V8 は、最大出力507ps、最大トルク67.3kgm。これに対して、フライングスパー V8 Sは、最大出力528ps、最大トルク69.3kgm。パワーは21ps、トルクは2kgm上乗せされた。

この結果、フライングスパー V8 Sは、0‐100km/h加速4.9 秒、最高速306km/hの優れたパフォーマンスを実現。フライングスパー V8よりも、0‐100km/h加速は0.3秒短縮。最高速は11km/h上回る。

フライングスパー V8 Sでは、強化されたエンジンに合わせて、サスペンションを再チューン。ブラックのフロントグリルや、リアのディフューザーなどが専用装備されている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. メルセデス CLA 改良新型…フロントマスク刷新、379万円より

    メルセデス CLA 改良新型…フロントマスク刷新、379万円より

  2. 【日産 セレナ 新型】星野専務「セレナの魅力はプロパイロットだけではない」

    【日産 セレナ 新型】星野専務「セレナの魅力はプロパイロットだけではない」

  3. 【インタビュー】マツダ アクセラ 柏木主査「Gベクタリングコントロールはあくまで要素のひとつ」

    【インタビュー】マツダ アクセラ 柏木主査「Gベクタリングコントロールはあくまで要素のひとつ」

  4. 【レヴォーグ STIスポーツ】ボルドー内装で上質さをアピール

  5. テスラ、航続距離613kmの モデルS P100D を発売…1480万円より

  6. 【レヴォーグ STIスポーツ】発売1か月で3000台超え、購入者の6割は40~50代

  7. 5ドアとは違う…フォード フィエスタ 次期型、3ドアのスポーティな姿

  8. 【日産 セレナ 新型】事前予約の7割がプロパイロットを装備

  9. マツダ ロードスター「RF」、米国発売記念車…1000台限定

  10. 【日産 セレナ 新型】プロパイロット採用、ミニバンクラス世界初の同一車線自動運転技術

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら