【ジュネーブモーターショー16】ベントレー、フライングスパー V8に「S」…528馬力ツインターボ

自動車 ニューモデル 新型車

ベントレー フライングスパー V8 S
  • ベントレー フライングスパー V8 S
  • ベントレー フライングスパー V8 S
  • ベントレー フライングスパー V8 S
  • ベントレー フライングスパー V8 S
英国の高級車メーカー、ベントレーは2月17日、『フライングスパー V8 S』の概要を明らかにした。実車は3月、スイスで開催されるジュネーブモーターショー16でワールドプレミアされる。

現行『フライングスパー』は2013年3月、先代の『コンチネンタル フライングスパー』の後継車として、ジュネーブモーターショー13でデビュー。最速かつ最もパワフルな4ドアベントレーが、フライングスパー。

2014年3月、ジュネーブモーターショー14では、『フライングスパー V8』を発表。シリーズ初のV型8気筒ガソリンエンジン搭載車。W12気筒モデルよりも価格を抑え、さらなる顧客層の拡大を図ってきた。

ジュネーブモーターショー16で初公開されるフライングスパー V8 Sは、フライングスパー V8の上に位置する高性能グレード。直噴4.0リットルV型8気筒ガソリンツインターボエンジンを、強化して搭載する。

フライングスパー V8 は、最大出力507ps、最大トルク67.3kgm。これに対して、フライングスパー V8 Sは、最大出力528ps、最大トルク69.3kgm。パワーは21ps、トルクは2kgm上乗せされた。

この結果、フライングスパー V8 Sは、0‐100km/h加速4.9 秒、最高速306km/hの優れたパフォーマンスを実現。フライングスパー V8よりも、0‐100km/h加速は0.3秒短縮。最高速は11km/h上回る。

フライングスパー V8 Sでは、強化されたエンジンに合わせて、サスペンションを再チューン。ブラックのフロントグリルや、リアのディフューザーなどが専用装備されている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. フォード GT 新型は価格も“スーパー”…アヴェンタドール 超え40万ドル台半ばに

    フォード GT 新型は価格も“スーパー”…アヴェンタドール 超え40万ドル台半ばに

  2. ついに来た「ベイビーパナメーラ」! ポルシェ パジュン の姿

    ついに来た「ベイビーパナメーラ」! ポルシェ パジュン の姿

  3. フォーカス 史上最強のモンスター「RS500」、ニュルを駆ける

    フォーカス 史上最強のモンスター「RS500」、ニュルを駆ける

  4. GM、「ZR1」を再び商標登録…コルベット に最強版か

  5. ホンダ、新型フリード をホームページで先行公開

  6. ダッジ バイパー 生産終了へ…米国の代表的スポーツカー、25年の歴史に幕

  7. 【シボレー キャプティバ】多目的に使え、空間効率が高いのが優位

  8. スズキ スイフト 次期型か!? 試作車をキャッチ

  9. メルセデス Eクラス ワゴン 新型、3種類の個性[動画]

  10. ポルシェ初のワゴン「シューティングブレーク」高速テストを見た[動画]

アクセスランキングをもっと見る