JR東日本の現代アート新幹線、4月29日から…大半を旅行商品として発売

鉄道 企業動向

JR東日本は2月18日、この春から上越新幹線越後湯沢~新潟間で運行する「GENBI SHINKANSEN/現美新幹線」の運行計画を発表した。

「GENBI SHINKANSEN」は秋田新幹線で運用されていたE3系電車を改造した6両編成(11~16号車)。外観デザインは、長岡の花火をモチーフにしたもので、写真家・映画監督の蜷川実花さんが担当。車内は「旅する現代アート&カフェ空間」をコンセプトに、6両全てを「現代アートのアーティストのプロデュースによる空間」とし、絵画や立体、写真、映像、テキスタイルなどの現代アートを中心とした作品を展示する。定員は105人で、13号車は魚沼産のスイーツなどを提供するカフェスペースとしている。

運行開始は4月29日で、5月8日までは毎日運行するが、5月14日~6月26日は毎週土・日曜の運行となる。臨時『とき451~456号』として1日3往復し、時刻は越後湯沢8時24分発~新潟9時14分着・11時26分発~越後湯沢12時20分着・12時44分発~新潟13時38分着・14時02分発~越後湯沢14時56分着・15時20分発~新潟16時14分着・18時18分発~越後湯沢19時08分着。7月以降の運行日と時刻は後日発表される。

「GENBI SHINKANSEN」は全車指定席だが、一般発売は11号車のみで、12~16号車は旅行商品として発売。7月以降は12~16号車が自由席となる予定。
《佐藤正樹(キハユニ工房)》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品