【リコール】トヨタ RAV4 など17万6000台、シートベルトが損傷するおそれ

自動車 ビジネス 企業動向

トヨタ自動車は2月18日、『RAV4』などの後部座席金属フレームに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、『RAV4』と『ヴァンガード』の2車種で、2005年10月26日~2016年1月30日に製造された計17万6819台。

後部座席の金属製フレームの形状が不適切なため、事故時の衝撃により当該フレームとシートベルトが干渉することがある。そのため、シートベルトが損傷して乗員を拘束できなくなるおそれがある。

改善措置として、全車両、金属製フレームに樹脂製カバーを取り付ける。

不具合および事故は起きていない。カナダ運輸省からの情報により発見した。
《纐纈敏也@DAYS》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品