豊田自動織機、FCフォークリフトの実用化モデルを関西国際空港にて実証開始

自動車 ビジネス 国内マーケット

豊田自動織機は、現在開発を進めている燃料電池(FC)フォークリフト実用化モデル2台を関西国際空港 国際貨物地区に導入し、3月から実証を開始すると発表した。

豊田自動織機は、新関西国際空港が進めるスマート愛ランド構想の柱の一つである「水素グリッドプロジェクト」に参画。その一環として、FCフォークリフトの普及に向けた実用化開発を進めている。

実証事業では、既に第1弾として2015年2月より、FCフォークリフト1台を運用し、連続して高稼働な荷役作業が行われる、空港物流におけるCO2削減効果の確認および稼働データ収集を行ってきた。

第2弾として今回導入する実用化モデルのFCフォークリフトは、トヨタ『MIRAI』と同じ燃料電池セルを使用した新開発のフォークリフト専用FCシステムを搭載。自社開発のFCV部品や電動フォークリフト部品を活用し、低コスト化、信頼性向上に取り組んでいる。

今回の実証では、ANAグループおよびJALグループの協力のもと、各社でFCフォークリフトを運用しながら、CO2削減効果や、作業性の改善効果の確認を行う。
《纐纈敏也@DAYS》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品